Thursday, November 30, 2017

8年ぶりの再会 - Family Reunion

(To my brother and sisters:)

It's been already 8 years since I was in Tokyo.
That means I have not seen my brother and sisters for that long. I planned on going to Japan in 2011, but unfortunately Japan experienced one of the worst natural disasters that year. The great earthquake in Northeastern part of Japan caused the great Tsunami which destroyed the large area of Fukushima Prefecture and surrounding area. The earthquake and the tsunami also caused unexpected accidents at the nuclear power plant in Fukushima. This accident was a great concern for people not only in Japan but also around the world.

I was planning to take one of my nieces with me on this trip to Japan. But because of radiation leakage from the power plant affected large areas of Japan, I determined that it was not a good time to take a young person to Japan that year. I ended up cancelling my travel plan to Japan. Since then, I did not have reasons for going to Japan until this year.

Below is the Japanese version of rather lengthy description of how my meeting with my family went. Since it will not be any interest to others, there will be no English version. I just say that the meeting was wonderful while having wonderful "Kaiseki Ryori" at the Japanese restaurant called "Yugyo-an Tankuma" near Shinjuku. Kaiseki Ryori is a traditional formal Japanese dinner course.

(これは今回の東京旅行中に会うことができた家族宛てのものなので、ご了承を。)



今回の東京旅行で楽しみにしていたことがあった。最後に日本に行ったのは2011の東北大震災の前だったから、もう8年あまり前になる。それ故、それ以来会っていない兄弟姉妹に会えるのを楽しみにしていた。無論、日本に帰る時はいつも兄弟姉妹に会うが、今回の再会は特別なものになりそうだった。前回までは、私自身のスケジュールと彼等の都合によって会えるときに会っていたので、皆一緒に会うということはなかった。

今回も始めはそのつもりでいた。だが、兄貴は今回の来日のために、姉と妹に連絡し話し合い、皆一緒に会える日を決めておいてくれた。両親が亡くなって以来、住むところがばらばらになって(一都二県)、各々の家族生活や、仕事、健康状態もいろいろで、長いこと皆で一緒に何かをするという機会がなくなっていた。

病を患うということはあったが、現状態では、どちらかというと今はみんな健康には恵まれている方で、元気なうちに皆一緒に会おうという兄貴の意欲に皆も同感だった。それに、兄、姉、妹のみならず、彼等の夫妻も合流する予定をしてくれていた。このような機会が来るなどと云うことはもう考えていなかったので、これは特別のことだった。



(National Olympics Memorial Youth Center)
国立オリンピック記念青少年総合センター)

東京に着いた2日後、アメリカから来た学生を無事に代々木にあるオリンピックユースセンターに送った後、土、日には静岡の方へ行く予定だったが、東京の7月始めの気温と湿度に慣れようと東京に居ることにした。その後、その日が来た。会う所は東京ドームホテルにある日本料理店だった。そこは熊魚菴と云って京料理の会席料理で知られている店だった。日本を長いこと離れている私は知らなかった。ただ、皆に会えることを楽しみにしていたので、料理屋のことは頭になかった。


芝公園にあるホテルからドームホテルまで、地下鉄一本で行くことができた。それで、割と時間がかからなく、早めに着いた。その時は誰もいなかった。ロビーやらそのあたりを歩き回って見た。4+スターのホテルの雰囲気が充分漂っていた。


数分後待合場所に戻ってみたら、姉夫婦が来ていた。目が合ったので、手を振ろうとしたところ、姉はすぐに目をそらした。「ありゃ?」と思った。でも、無理はない。今の私の髪の毛は長いし、バンダナもかぶっていたし、気づかなくても無理はない。思わず笑った。近寄って、話かけたら、すぐ気づいてくれた。今は日本には多くの外国人も住んでいるし、外国人旅行者も多いので、どこへ行ってもちょっと違った身なりをした人がどこにでもいるので、姉は「外国人と思った」と言った。本当に外国人を思ったのかどうかは分からない。妹夫妻ももう来ていた。前ブログなあるように、彼等とは東京到着後日東京スカイツリーに一緒してくれていたので、既に会っていた。姉のご主人のことは健康のことで少し心配していたが、割と元気そうだし、ごく普通に話すこともできたので、安心した。兄夫婦もその後来た。皆んなそんなに変わっていないと思った。兄貴の最近の写真は見ているので、髪型も色も顎ヒゲのこともびっくりすることはなかった。

兄夫婦、姉夫婦、妹夫婦、それに俺、合わせて7人での集まりだった。これは、本当に奇跡の出来事だと言っても過言ではないと思う。これ以前、この様に皆んなと一緒に食事をしたのは何時だっただろうか。両親がいた頃だから、何年になるだろう。その頃の旅行記録を調べなくては分からない。


会席料理は特別だった。美味しいものを次々とだしてくれる。無論、日本料理はプレゼンテーションも特別なことは、今では世界に知られている。「このような料理が食べられるのは、皆んな、幸せだね。羨ましい。」と言ったが、彼らからの反応はあまり無かったような気がする。
今思うには、日本の人達は謙遜心が高いから、多分「いえいえ…」と云うような反応だったんだろう。自分も日本語を教えている時、日本文化の一つとして謙遜心のことも教えているのに、その時は忘れていたようだ。



食事に会話もはずんで、時間が経っているのにも気がつかなかった。恐らく、2時間以上も経っていたのだろう。兄貴はカメラを持って来ていて、皆んなの写真を撮ってくれていたけど、まだ見ていない。良く撮れていたら2、3枚ここに載せるのがほしい。とても楽しい時間だった。皆んな、特別な日にしてくれて本当に有り難う。

(写真はGoogle Imageで、この料理屋のもの)

最後に、皆んなから色々おみやげももらってしまった。別れる時、「来年も来るから、また頼むよ」と言ったけど、勿論、本気にはとられなかっただろう(笑)。

Thursday, October 12, 2017

Tokyo Visit July 2017 今年の夏休みの東京旅行

Tokyo Visit, July 2017


View from Tokyo Odaiba
お台場からのパノラマ
(Fujifilm X E-1 panorama mode)


Taking advantage of summer break from my job at college, I took a 2-week trip to Japan. On this trip I stayed in Tokyo for the duration of my stay. I planned to take a short excursion to "Onsen" in Shizuoka, but I couldn't make that trip. Because it was early July and the rainy season was ending, the weather was not the best I hoped for. I had a hard time adjusting to high humidity and increasing temperature. I live in Texas and I am used to high temperatures, but I always had trouble with the high humidity situation.

この夏休みに2週間ほど東京へ行って来た。7月の始めで梅雨明けだったので、気温と湿度が上がって気候としては余り好ましくない時期だった。テキサスに住んでいるので、気温が高いのには慣れているが、湿度が高いのにはちょっと参った。東京では外に出る時は地下鉄や電車で行くので常に駅まで歩く。ホテルはとても便利なところにあったので、歩くと言っても地下鉄か電車によって5分か10分ぐらいで行ける。で、そんなに大変なことではないだろうと思うだろうが、辛かった。私は汗かきなので、その天気では日々の洗濯が必要だった。ホテルにはコイン・ランドリーがあったので、下着、シャツ、ズボンの洗濯を1日おきぐらいにしていた。


The day after I arrived in Tokyo, my sister and her husband came by the hotel and invited me to go with them to visit Tokyo Skytree. Tokyo Skytree is the world second tallest tower which boasts 634 meters (2080 feet) in height. It's a broadcasting tower, but also restaurants, shops and observation decks are built into it. Since the completion of the tower in 2011 and opening to public in 2012, it has become one of the most popular tourist attractions. If my sister and her husband didn't take me with them, I probably wouldn't have had other opportunity to visit there. The 360 degree view from the observation deck around Tokyo Metropolis is fascinating. Spotting my favorite places and other points of interest is always fun, too.

ここに着いた次の日、妹夫妻がホテルに来て東京スカイツリーへ行こうと誘ってくれた。東京スカイツリーは634メートルを誇る高さで、世界第二を名乗るタワーになっている。レストランや、みやげ店や、展望台で、2012年に開業して以来多くの人でにぎわう観光地の一つになっている。
私も一度は行ってみたいと思っていた。もし、妹夫婦が今回連れて行ってくれなかったら、多分、行くことはなかっただろうから、彼等には感謝している。彼等は私が日本に来る度にいつも何か特別なことを一緒にしてくれる。


Photography was not my main purpose this time and I took a light weight camera I borrowed from a friend for this trip. It was a Fujifilm camera X-E1. I took some photos of the Skytree, but in my opinion, it is not a photogenic tower. (I will post a couple of photos here.) I like the original Tokyo Tower far more as a photo subject.

今回は写真が目的ではなかったので、キャノンは持ってこなかった。友達から小型の軽いフジカメラのX-E1というのを借りて来た。それで、スカイツリーの写真を2、3枚撮ったが気にいったのはなかった。昼間のスカイツリーは東京タワーのようには写真に向いていないのかもしれない。夜景のスカイツリーは綺麗に撮れると思うのだが、そのチャンスは今回なかった。

Fujifilm X-E1 has a builtin panoramic mode. One night I went to Odaiba to test this out. The photo on the top is one of the shots I took. I did not study about this camera enough and I took photos by test and trials. I guess I could not figure out the proper exposures and mostly photos came out too dark. I used Photoshop and heavily edited so that at least I could upload here.

このカメラにはパノラマ モードがあったので、ある夜お台場に行ってそれを試してみた。残念だったが、その使い方が分からないまま、あれこれと試してみたが、絞りのセッテイングが悪かったようだ。Photoshopと云うツールで訂正してなんとか、アップできるものにした。一番上の東京の夜景がそれだ。

I had a few things I wanted to do on this trip. I plan to write about those as I can and add them here.
Come back and check in every now and then. I would appreciate your visit.

今回、東京ですることを楽しみにしていたことが2、3あった。7、8年ほど会っていない家族に会えたことは嬉しかった。家族との再開のことは 

http://yourshot101.blogspot.com/2017/11/family-reunion.html

に記しましたので、今のところ日本語版のみですが、覗いてみてください。

(photos to be added)

=========



Monday, March 20, 2017

Spring ー 当地も春の初め

(I wrote this blog in Japanese during my free time at school. I will add English version later. Come back soon.)

もう、6ヶ月以上になる電話だっただろう。東京にいる兄と横浜にいる姉に電話をした。どちらも、このブログのことを聞く。お互いに長いこと連絡しない俺たち兄弟姉妹なので、せめても、ブログをたまに覗いて、更新してあるかをチェックしているとのこと。でも、更新がないと、「やっぱ、そうか」「何もない」に終わる。前回のブログは去年の5月だった。それも何も新しいニュースでも出来事でもなかった。ただ、折り紙ゾウの折り方の図をネットで頼まれたので載せたのだった。

今回も面白い話も出来事もない。だだ、「元気だよ」と知らせるぐらいのものになる。

I called my brother and sister in Japan the other day. My brother is in Chiba near Tokyo and my sister is in Yokohama. I believe the last call I made was almost or over 6 months ago. When I call them, both of them ask about the blog. Because we do not keep in touch often, they occasionally check my blog to see anything new. As I mentioned before, I seem to have lost motivation and enthusiasm to write. My creativity was almost nothing before, but it's worse now. The update to this blog was last May. It was simply uploading a diagram of Origami elephant. It was requested by someone who saw my origami elephant on another site. She was a craftsman who made jewelry based on origami crafts. She wanted to make elephant earrings. Later on she sent me a photo of her creation using origami elephant. She did not list the price of the earrings but I found out that she sold them for $22 USD.

 --- continue later ---

今日は春分の日だ。当地、アメリカでは、春分の日を春の初めの日としてある。日本のように休日ではないので、特別な日ではない。ただ、その日が来てその日が過ぎていく。天気予報士だけがその日を春の初めの日だと特別扱いしているようだ。

今日の午後は大学のラボで個人教師(日本語を教えている)をしに行った。学生の一人は初級クラスでプレゼンする準備をしていた。アイヌ民族のことを話すことにしている。それで、どの様なトピックをどの様にプレゼンのスライドショウにまとめるか等々を話し合った。他の二人の学生は初中級クラスで、動詞の活用の勉強をし始めたところだ。それを教えるには、先ず三つの動詞タイプを教える。いわゆる、タイプ1、タイプ2、タイプ3だ。どうしてそんなことをするかというと、活用の仕方によって動詞は3種類に分けられるからだ。日本の学校ではこれらのことは教えない。教える必要がないからだ。でも、英語がネイテイブ(母語)である学生、というか、日本語がネイテイブ(母語)ではない外国の学生たちには、この方法で動詞活用を教えると割と易しく学べる。で、そのことを今日説明したら「ああ、そうか。解った、解った!」と納得したようで、その後、彼らはそれに関する宿題を容易くこなしていた。

私はコンピューター関係の仕事からリタイアして以来ずっと何らかのかたちで日本語を教えてきた。パートで、金にはならないけど、これがとても楽しい。大学院にいた時 graduate assistant として数学を教えて以来、大学で教えるということを夢に見たが、結局、あの頃は大学教師の仕事はみつからなかった。それで、二番目の夢のコンピューター関係の世界に入った。その頃のコンピューターは初期のもので、今から考えるととても魅力的な物だった。チャレンジでもあった。コマンドやデータの入力操作も原始的モデルでは、フロントパネルのスウィッチを使ってやっていた。今のコンピュータープログラマー等には想像もつかないだろう。このことを話し出したら、きりがないのでここでやめる。仕事は始めは楽しかったが、結局、仕事は仕事で、嫌なこともあれば 辛いこともあった。日本語を教える仕事は仕事ではなく、趣味でやっている事だし、朝から晩まで働くなどという束縛もない。なので嫌にはならない。それと若い学生たちとのやりとりはお互いに刺激しあい前へ進むという事が大学で経験した楽しさだった。それは今でも同じだ。でも、大学院では学生の中には年が上の人もいたが、今は私が誰よりも上になってしまった。

春と言えば、ここ、テキサスの中央部では(またの名をCentral Texas Hill Countryと言う)ブルーボネットが野原一面に咲き広がる。日本の春の桜の花の美しさは世界一と言われるが、テキサスのブルーボネットが広い野原に咲き乱れる様子は他には見られない景色だと思う。



ところで、通常、大学に行く途中にある喫茶店に立ち寄り、コーヒーを買って行く。日本にも今ではあるかもしれないが、アメリカではファーストフード店やら喫茶店にはドライブスルーという窓口がある。車を降りないでインターホンで買うものを注文し、次の窓口で注文した物を支払い、受け取る。これは、急いでいる時にはとてもべんりだ。私はそれをよく利用する。それで、よく立ち寄る喫茶店のドライブスルーの通路に小さなブルーボネットの花壇がある。そこのブルーボネットが今は真っ盛りだ。去年と同じように、今年もiPhoneカメラでブルーボネットを撮ってきた。今年は花の数が去年より少し増えたようだ。

インターホンはこの装置のところ


コーヒーを注文して、少し前に進むと窓口