Wednesday, June 3, 2015

お久し: Origami: Frogs, Owl Family and Elephants

折り紙のフクロウを折ってみた。
「割といいんじゃ」なんて思って、日本語を勉強している友に
「なにか判る?」って聞いたら、
「最近アニメに出てくる妖怪?」って言われた。
「えっ?」っていう感じだったが、
美術とか芸術と云うものは人が何を見るか、何を感じるかということだから
「そう見えるんだ」、「後でもっとよく判るよ。」ということにしておいた。

そして、フクロウに月やら、カエル、鶴やらを組み合わせて自然の景色を作った。


These are my recent creation of origami frogs and an owl family.
Frogs are small; each is about the size of a quarter.
The owls are my first attempt to make.
I thought they came out good.
I asked a friend,
  "Can you tell what these are?"
  "One of those old computer game characters?", she said.
I wasn't expecting that, but what art is what the viewers see and what views feel.
I am happy that she had her own idea what they were.
I said, "hm, I see that's what you see.
You'll see more of them later".
I added cranes, ducks, moon and vegetations to frogs and owls
to create a nature scene.




The moon rises beyond tall vegetation over the hill.
Mountains are seen in far distance.
Ducks swim in the pond.

I was going to add horses or tigers in the foreground in the flat land.
I asked the friend, "What animal do you like?", "horse, or tiger?
Then I added, "or, elephant?"
"Elephant", she replied with no hesitation.
I don't know why I said, "elephant".
Elephant may not fit well in this nature scene.
But, I wanted to make what she likes.
So, one mother elephant and one baby elephant were added.





そして、
「馬と虎とどっちが好き?」とその友に聞いた。
その返事を待たずに、「それと、ゾウはどう?」と言った。
「 ゾウさんが好きだ」って返した。

   「ウーン、ゾウさんねエ。
    ゾウさんはどうかなア、
    じゃ、なんで始めっから自分で言ったんだ。」
    と、独り言…。
   「だから、ゾウを入れることにした。」

"By the way, where are the frogs?"
  「ところで、カエルさんはどうなったの?」
The frogs, um...
  「ウーン、カエルさんねエ…。」
..., they may have been eaten by owls, 'cause they are owl's favorite...
  「…フクロウの好物だからねエ、
   多分食べられちゃったのさ…」

Later, in the absence of frogs, I added rabbits.
  で、カエルがいなくなったので、
  その後、ウサギさんを加えた。

友達は 「これ、すごい!」と喜んだ。
それで、それはその人の手に渡った。
最後の写真は撮らなかった。

俺は作るのが好きだ。
作った後は部屋に置いてけは、
ただ、ほこりを集める物になってしまう。
人に喜んでもらえれば それが一番。
だから、こういう物を作る時は
もらい手をみつける。


  ------------------------------

Spring semester is now over. Students are out for the summer. A couple of students are taking a trip to Japan. One has a family friend in Nagano. It sounds like she is in good hands. I expect she would have a ball while staying in Japan. The other student is going to Japan by himself. His Japanese level is low. He just finished the beginning class. His communication skill in Japanese is just about nil. But he is young and is looking forward to a new adventure. I am looking forward to hearing about their travel experiences when they return.

お久し。

日本にいるある方が言ってくれた。
「日本にいて仕事や家族生活で忙しい日々、英語に接触する機会は余りないので、英語と日本語で読める先生からのメールとこのブログを楽しみにしている。」

そのような方に出会えることは嬉しい。「有難う」というに尽きる。それ故、今回ほど長くブログを更新しなかったことには、とても悪いと感じる。そのような人達を大事にしなければいけない。

ブログを怠けていた理由は色々あるが、多分、第一の理由は Creativity 。第二はネタ。その他は、時間とか、興味とか、プライオリティーのことになるかも知れない。会社で現役で働いていた時、仕事上プライオリティーは必須である。だが、この年になって、私生活では何がプライオリティーなのか。俺の場合、それは、今何がしたくないのか、そして、面倒なこと。そんな物を常に後回しにする傾向がある。それらはプライオリティーのリストには上がらない。でも、ブログはプライオリティーリストにある。何か描きたいという気はいつもある。問題は、「ブログはいつでも書けるさ」なんて気持ちがあるからだろう。 ..、大学はもう夏休みに入った。7月に第二夏期講座が始まる前に普段後回しにしていることやらねば。

One of the readers in Japan mentioned to me once,

  "In the midst of rat race of family and work life, the opportunity to keep up with English language is hard to come by. But I have never lost my desire to brush up on reading skills, writing skills, and speaking skills. Therefore, your email and your English/Japanese blog are something I look forward to."

I thank readers like this person. She gives me the motivation and encouragement to write. But I have neglected blogging for too long this time. My creativity seems to have taken a hike. The truth is, I will have to admit I do not have strong creativity. Besides creativity is not required to do this. Other excuses are "time", "being busy" as people often say "I don't have the time for it", "I''m too busy".  These are no good reason and simply an excuse for procrastinating. Now that I have a couple of months break before starting to teach again, I determined to complete things I have neglected for some time.

Creativity なんて偉そうな言葉を使っているが、もともと俺には Creativity なんてものはない。それに、いいネタがないというのは言い訳にすぎない。ネタなんていうものはどこにでもある。ただ、どのようにあるネタを取り上げて、それに面白さとか、興味深さとか、思考を与えるものに変えていけばいい。それが出来なければ終わりだ。俺には兄貴が一人いる。彼は、この数年彼なりにエッセイを書いている。人に読んでもらう物もあれば、ただ、自分で書いて楽しんでいる物もあるようだ。彼の書き方にはある 型がある。彼は古典をよく読んでいるらしい。彼のエッセイの描き方の一つには古典を引用することである。例えば、人生の場面を描く時に当てはまる、ある詩人の詩や俳句を引用する。そして、その句を使って人生の場面を説明したり、正当 化させたりしていく。いい方法だと思う。読者に彼の知識の豊富さが伝わってくるし、引用した句、又は、文の応用力に反応できる。俺はいつも彼に同感するとは限らない。時には読者に何らかの知識を与えるきっかけにもなるのではないか。
ブログを更新しようと考えていた時、兄貴のことを思い出した。彼はいつも巧みにことをこなす奴だ。別の言葉で言えば、なかなか要領のいい奴っていうことかも。

------------------------------

Keyword: #origami #origamifrog #origamiowl #owlfamily #origamicrane
#origamielephant #origamiduck