Monday, May 12, 2014

Where is My Peanut

そのピーナッツをくれよ!

最近、家の裏側のパテイオに出ると時々この小さな者が上がって来る。
とても人に懐いているようだ。
小さい時に人に育てられたのかも知れない。
それか、誰かのペットだったのかも。
この国でも野生の生き物をペットとすることは禁じられているが、
残念ながら、人は規則を無視することがよくある。




Recently, when I go out to the patio, this little fellow comes up and beg for peanuts.  First, I was not aware that he was so accustomed to human, I gave him a couple of unsalted unshelled peanuts. After this, he comes around every two or three days. Sometimes, he may not come back for several days, but then he reappears.  This squirrel may have been raised by someone, or was raised as a pet.  I am all for rescuing and raising young birds and animals and raising them when they are abandoned or fall from their nest.  But I am absolutely against the idea raising wild animals as pet.



I love nature and wildlife.  I used to feed birds in the backyard. Most frequent visitors to my feeders were white winged doves and red cardinals. During the migration season, American goldfinches used to come by to my sunflower seed feeder. It was a thrill of my wildlife observing experience when I spot them.  Also, during the migration season, cedar waxwing stops over our neighborhood, but they are strictly on wild fruit diet and are not type of birds that eat off the feeder.






この小リスが始めて来たとき俺がピーナッツを持っているのを嗅ぎつけたようだ。
俺の持っていたピーナッツは殻付きのものだった。
こいつがこんなに人に慣れているとは思わなかった。
いつも野鳥などに餌をやるように、2、3個のピーナッツをやった。
小リスは喜んでパリパリ巧みに殻を割って中のピーナッツを食べていた。

それから2、3日過ぎた。
また、パテイオに出るとその小リスがピョコピョコやって来た。
こんなに人に懐いている野生リスは前には見たことがない。
また、2、3個のピーナッツをやったが、
これでは、このリスが近所の猫や犬に襲われる危険がある。
それに、この国では野生の動物が車にはねられることもよくある。
野生の動物とふれあうことは俺の一つの趣味だが、
こいつが人間が作る危険に出会う可能性が高い。
おまえ、そんな目に合わないでくれよな。



My neighbor has a couple of outdoor cats. One of them used to harm and kill small animals.  I told the neighbor that cats should be kept indoors, but he disagrees.  Because of these cats, I stopped feeding birds in my backyard.  I only have birdbath for them now.
I am concerned about this little guy.  He is too accustomed to human.  It is always risky for wild animals to get too close to and not being afraid of human.  He is definitely in danger when these cats are on the prowl.  Besides, in this country, wild animals are frequently hit by speeding automobiles on roads and highways.  I only hope that this squirrel stay out of trouble until he learns to avoid the risk and danger that human creates.




俺が子供のころ(無論日本で)ヒヨコや、ニワトリや、鳩や、うさぎを飼っていたことがある。ニワトリはヒヨコが大きくなったものだった。そんなニワトリが卵も生んだ。鳩は外に飛ばしても家に帰ってくるように訓練したりして、よく遠くへ連れて行って放したりした。そんな時は家へ帰って鳩達が戻ってくるの待ったものだった。そんな楽しい思いでがある。

それ以外には、俺は野鳥を捕まえてペットとして飼いたくてしょうがなかった。捕まえることが出来たのはスズメだけだった。今から考えるとバカなことしたものだった。
日本では子供達は夏にはトンボやセミを捕まえて昆虫採集にするこは普通だった。秋には、秋の虫を捕まえて籠に入れて、虫達の鳴き声を楽しむこともよくした。これらも楽しい思い出である。

KEYWORD: squirrel wildlife bird nature backyard feeder birdbath peanut

No comments:

Post a Comment