Tuesday, May 27, 2014

7th Annual Photography Masters Cup


Photography Masters Cup 最新情報

2014 Photography Masters Cup


2013年のPhotography Masters Cupコンテストの応募の締め切りは以外と早かった。10月の終わりごろだったと思う。気がついた時にはもう一週間ほどしか無かった。そんなことで、余り時間が無かったので、今回は2点だけにした。一つはオリガミの虎の親子の写真で、二つ目はハワイ島に行ったときに撮ったルアウでのファイア・ダンスの写真だった。

三月になって、コンテストの審査に時間がかかっているので、入賞発表は五月になると知らせてきた。五月の始めになって、上記のように2点の中1点がノミネートされたと知らせてくれた。
ノミネートされた作品は「オリガミの虎:親子で獲物探し」で2010年の寅年に折って写真にしたものだった。このコンテストにはこの3年ほど参加しているが、毎回ノミネートされるところまでいくが、入賞するにはいたっていない。今のところいい写真を撮ろうという意欲が前よりかなり落ちているので、余り期待はできないと思っている。でも、毎年このコンテストの応募の知らせがくると、一応、応募してしまう。写真はいろいろな国から応募されているので、コンテストの結果にはかなりの興味がある。

NOMINEE ANNOUNCEMENT

Dear Nobi,
CONGRATULATIONS on being a Nominee
at the 7th Annual Photography Masters Cup with:
Still Life | Origami Tigers On the Prowl


The 7th Annual awards received 7,416 entries from 79 countries
and honored 274 title awards at the Nomination and Winners Photoshow webcast
Saturday, May 3, 2014.

Congratulations once again, we wish you a most successful photography year.



***********************



応募した写真:

Category: Still Life
Origami Tigers on the Prowl
Nominated in the 7th Annual Photography Masters Cup


In 2013, 7th Photography Masters Cup contest entry period was closed early. By the time I found that out, I only had about a week left. I quickly prepared two photos.
In March, I received an email from the organization that judging process needed more time and award winners would be announced in May. On May 3rd, the most watched show worldwide, the Photography Masters Cup Nomination & Winners Photoshow was held. I found out that one of the two of my photos was nominated for the Photoshow.  Winning in this contest is not so easy.  I need to work harder to be more creative.  My interest level in photography has not been as strong as it once was.  Therefore, winning in this contest does not come easily. Because of the types of photographers who participate worldwide in this contest, it is enormously interesting to view all the winners and runner-ups of the contest. This is one of the reasons I continue to participate in this contest.




Category: Americana
Fire Dance at Luau, Big Island of Hawaii



Monday, May 12, 2014

Where is My Peanut

そのピーナッツをくれよ!

最近、家の裏側のパテイオに出ると時々この小さな者が上がって来る。
とても人に懐いているようだ。
小さい時に人に育てられたのかも知れない。
それか、誰かのペットだったのかも。
この国でも野生の生き物をペットとすることは禁じられているが、
残念ながら、人は規則を無視することがよくある。




Recently, when I go out to the patio, this little fellow comes up and beg for peanuts.  First, I was not aware that he was so accustomed to human, I gave him a couple of unsalted unshelled peanuts. After this, he comes around every two or three days. Sometimes, he may not come back for several days, but then he reappears.  This squirrel may have been raised by someone, or was raised as a pet.  I am all for rescuing and raising young birds and animals and raising them when they are abandoned or fall from their nest.  But I am absolutely against the idea raising wild animals as pet.



I love nature and wildlife.  I used to feed birds in the backyard. Most frequent visitors to my feeders were white winged doves and red cardinals. During the migration season, American goldfinches used to come by to my sunflower seed feeder. It was a thrill of my wildlife observing experience when I spot them.  Also, during the migration season, cedar waxwing stops over our neighborhood, but they are strictly on wild fruit diet and are not type of birds that eat off the feeder.






この小リスが始めて来たとき俺がピーナッツを持っているのを嗅ぎつけたようだ。
俺の持っていたピーナッツは殻付きのものだった。
こいつがこんなに人に慣れているとは思わなかった。
いつも野鳥などに餌をやるように、2、3個のピーナッツをやった。
小リスは喜んでパリパリ巧みに殻を割って中のピーナッツを食べていた。

それから2、3日過ぎた。
また、パテイオに出るとその小リスがピョコピョコやって来た。
こんなに人に懐いている野生リスは前には見たことがない。
また、2、3個のピーナッツをやったが、
これでは、このリスが近所の猫や犬に襲われる危険がある。
それに、この国では野生の動物が車にはねられることもよくある。
野生の動物とふれあうことは俺の一つの趣味だが、
こいつが人間が作る危険に出会う可能性が高い。
おまえ、そんな目に合わないでくれよな。



My neighbor has a couple of outdoor cats. One of them used to harm and kill small animals.  I told the neighbor that cats should be kept indoors, but he disagrees.  Because of these cats, I stopped feeding birds in my backyard.  I only have birdbath for them now.
I am concerned about this little guy.  He is too accustomed to human.  It is always risky for wild animals to get too close to and not being afraid of human.  He is definitely in danger when these cats are on the prowl.  Besides, in this country, wild animals are frequently hit by speeding automobiles on roads and highways.  I only hope that this squirrel stay out of trouble until he learns to avoid the risk and danger that human creates.




俺が子供のころ(無論日本で)ヒヨコや、ニワトリや、鳩や、うさぎを飼っていたことがある。ニワトリはヒヨコが大きくなったものだった。そんなニワトリが卵も生んだ。鳩は外に飛ばしても家に帰ってくるように訓練したりして、よく遠くへ連れて行って放したりした。そんな時は家へ帰って鳩達が戻ってくるの待ったものだった。そんな楽しい思いでがある。

それ以外には、俺は野鳥を捕まえてペットとして飼いたくてしょうがなかった。捕まえることが出来たのはスズメだけだった。今から考えるとバカなことしたものだった。
日本では子供達は夏にはトンボやセミを捕まえて昆虫採集にするこは普通だった。秋には、秋の虫を捕まえて籠に入れて、虫達の鳴き声を楽しむこともよくした。これらも楽しい思い出である。

KEYWORD: squirrel wildlife bird nature backyard feeder birdbath peanut

Tuesday, March 4, 2014

Happy New Year - Year of the Horse

Happy New Year!!!


2014 is the Year of the Horse: 
My sister was born in the year of the horse, and there are times when we used to tease her that being born in the year of the horse was most fitting. She loved to run, but also she used to kick things intentionally and unintentionally. Good thing she doesn't access this page or my FB page. If she knew what I am writing here, she would kick my butt..., lol.  She was a good kid. She taught kindergarten for many years, and was fantastic with children. 

Every new year, I attempt to make origami animal that corresponds to one of the twelve zodiac animals of the Japanese Lunar Calendar.

Origami Horses:
I intended to make new origami horses during the new year holidays, but too much time had already escaped me. Time flies too fast 
indeed. I am posting a couple origami horse photos I made years back during the time a photo site called "WebAperture" was very much active and fun. I made them (origami horses and photos) to post on WebAperture. My photo friends on the site loved many origami animals and other things I made and posted. 

前に折り紙を買った時、その中に牛の折り方が入っていた。その牛の折り方を基本にして、馬を折ってみた。出来上がったのがこれらの写真の馬である。我ながら良く出来たと思った。頭と首あたりの折り方を少し変えると牧場でのんびり草を食べたり、二頭で遊んだり、他の動物に出会う時などの様子を適当に描くことができる。今年(2014)は馬(午)の年だ。毎年一月には折り紙でその年に当たる十二支の動物を折り紙で作ることにしている。新年の休みの間に馬を折るつもりでいたが、日があっと云う間に経ってしまい、もう三月になってしまった。それで、ずっと前に折ったものを載せることにした。これらの写真の馬は数年前 WebAperture.comという写真サイトで、頻繁に写真投稿、意見交換をしていた時に作ったものだった。(残念だが、そのサイトは今はもう無くなっている。)




The background is a photo of a ranch in Vermont (U.S). There was a photographer, in Vermont, who used take many photos of horses around ranches and pastures near where she lived. Once she sent me a photo horses. I removed the horses and placed my origami horses in their places. (original photo below with real horses: I will be posting it later. If you do not see it, please come back and check it out.)
上記の牧場の背景の写真は写真仲間が送ってくれたもので、
その人はバーモント州に住んでいて、馬の写真を撮るのが好きだった。
常に家のちかくの牧場へ行って馬の写真を撮っていた。
これはその一つで二頭の白馬も入っていたが、その馬を
取り除いて代わりに折り紙の馬を入れた。



この白馬は始めて子犬に会った時の戸惑いと同時に嬉しさを
表しているつもりであるが、果たしてその意図が判るだろうか。
写真と云うものは見る人によって見方や解釈が違うもので、
撮影者の意図とは一般的には全く違うようである。

                                                       








何かすることを探しながら  
戯れあう二頭の子馬。











Diagram:
There were instruction sets in the origami packet I bought a while back. Among them was an instruction set to make origami cow. I used it as a base and modified to create these horses. As you can see, the part of the head can be shaped in different ways to set different postures according to the pasture scene. I will see if I can make a copy of the diagram and show how I modified to make the horses. That will be a bit later.