Wednesday, February 20, 2013

6th Annual Photography Masters Cup




この前のブログではこのコンテストに二つの写真応募を考慮していると書いたが、その後、コンテストの締め切り日が延長されたので、追加としてもう二つを応募しておいた。応募料は割引で二つの写真で35ドルとなっていたが、過去のコンテスト参加者ということもあって、今回は計4点の写真応募で10ドルでよしなっていた。近頃は何処へ行っても、何をしても何らかの費用を要求されるが、このように世界的高度レベル写真コンテストでありながら高額な応募料を要求しないのは有難い。通常一点25ドルから30ドルぐらいだから、4点の写真応募では少なくとも100ドルとなる。そうなると、俺は多分写真一つぐらいしか応募しない。それでは、入選どころかノミネートされるチャンスがゼロなる、とか、なんとか、、。ほんとは、1点でも、4点でも、あまり違いはないだろう。。。


Photography Masters Cup 最新情報:

PHOTOGRAPHY MASTERS CUP HONORS PHOTOGRAPHER Nobi  Nagase from Japan (resident in U.S.)

先週の土曜日、二月十六日にそのコンテストの入賞者の発表が世界各国で見られるようにインターネットで大規模に行なわれた。時間の都合でリアルタイムで見ることは出来なかったし、それに、何の知らせも来ていなかったので、俺の写真は「ボツだったか」と思っていた。ところが、きのうになって、メールで二つの写真がノミネートされたいたという知らせがあった。そのメールによると、今回は86ヵ国からプロおよびアマチュア写真家がコンテストに参加して計9000ちかくにのぼる優秀な作品が応募されていたと書いてあった。ちなみに過去のコンテストには10000をこえる写真が応募されていたので、今回の数は通常より割と下回っていたようだ。とにかく、ノミネートされたということは入賞候補に選ばれたということで、入賞するとは限らないが、ノミネートされただけでも、俺は満足している。他のコンテストなどではファイナリスト(最終選考進出者)という言葉を使っている場合が多い。Photography Masters Cup のレベルは他のコンテストよりはるかに高いので、入選するのはかなりむずかしい。でも、いつか、入選したいし、しなければならないと思っている。ところで、ノミネートされていた二つの写真は後で追加したものだった。「おっ、追加しておいてよかったじゃン」なんて感じだ。というのは、もう今回でこのコンテストの参加はやめようと思っていたさなかであった。まあ、ノミネートされていて、「これで良し」、「次回もやるか」、、という気になった。



Photography Masters Cup: Nominee
Category: Still Life
Title: Midnight Express
Origami frogs: I created a group of frogs on a lily pad
imagining a scene where frogs are catching a ride
to go home on a midnight express train.




Photography Masters Cup: Nominee
Category: Americana
Title: Recycled
Aluminum can craft: Made of coke cans and sprite cans.
Airplanes and automobiles were skillfully created.
I took this photo on a street corner in Nassau, Bahamas.





PHOTOGRAPHY MASTERS CUP HONORS PHOTOGRAPHER

LOS ANGELES February 16, 2013 - Amateur photographer , Nobi Nagase of Japan (currently resident in U.S.) was presented with the 6th Annual Photography Masters Cup Nominee title in the category of, "Still Life" and "Americana" at a prestigious Nomination and Winners Photo Show. The live online ceremony webcast Saturday, February 16, 2013, was attended by photography fans in 86 countries who logged on to see the climax of the industry's most important event for color photography.
The awards international Jury included captains of the industry from Phillips de Pury & Company in New York; Kunst Licht Gallery, Shanghai; XPO Gallery, Paris; Tasveer Galleries, India; BFN, Netherlands; to BBH in London who honored Color Masters with 239 coveted title awards in 18 categories.

"It is an incredible achievement to be selected among the best from the 8,521 entries we received this year," said Basil O'Brien, the awards Creative Director. "Nobi's two exceptional images, "Midnight Express" entered in the Still Life category, and “Recycled” entered in Americana category, represent contemporary color photography at its finest, and we're pleased to present him with the title of Nominee."

INTERNATIONAL COLOR AWARDS, PHOTOGRAPHY MASTERS CUP is the leading international award honoring excellence in color photography. This celebrated event shines a spotlight on the best professional and amateur photographers worldwide and honors the finest images with the highest achievements in color photography. www.photomasterscup.com.


9 comments:

  1. Thank you, Donna.
    I appreciate your thoughtfulness for visiting my blog.

    ReplyDelete
  2. 9000近くの写真から選ばれたなんて
    nobiさんすごいじゃないですかー!!
    折り紙のカエルめっちゃかわいいっす!
    結果みましたけど、
    still lifeのカテゴリーの水着とか素人には
    すごい普通に見えてしまいます(笑)
    ゆりか

    ReplyDelete
  3. おっ、結果も見てくれたんだ。ユリカさん、こんにちは。
    そうんなんですよ。審査員達が何を見てるのか、たとえば、構造、鮮鋭さ、色彩、照明とかが全然わからない時がよくあります。このコンテストの結果を見ると、時には、心が曲がってないと入賞するような写真はとれないんじゃ(笑)、なんて思っちゃいます。
    今回のコンテスト審査員は外国人(U.S.以外の)が多かったようです。前にはKodak とかNational Geography 関連会社とかU.S.に名のあるのが多くいたようでした。

    ReplyDelete
  4. ユリカのブログを今覗いてみました。”(なんとか)チェッカー”のです。で、始めはその言葉の意味が何かぜんぜん知らないで、、(すぐ、判ったけど)。 で、ユリカの会話のやりとりがすごい(この形容詞の使い方は日本語の先生としてはダメですが)面白くてずっと笑いどうしてした。でも、そこにコメントするのはどうかと思ってここに書きました。

    ReplyDelete
  5. 素人目には、nobiさんの写真の方が全然いいのにー!
    って思いましたよ!!
    私、以前”365枚の空の写真を日めくりカレンダー”にするっていう企画に応募したんですけど、結果に憤慨しましたよ。
    あたいの写真のほうが絶対、いや絶対いいのにー!っと思う写真が
    たくさんありましたから(笑)
    ちなみに、夫は一枚選ばれてたので、余計悔しかったですね。
    世の中、納得できないことって多々ありますよねぇ。
    でも、nobiさんめげずにファイトですよー!

    ブログへのコメントわざわざここに書いてくれたんですねー!
    全然気にしないのにー!ありがとうございまーす!
    のほほんとしてますが、心労が絶えないんですよ(笑)
    ゆりか


    ReplyDelete
  6. 空の写真、撮ってたんだ。どんなものでしたか。カレンダーと云えば毎年12月になると、この町唯一のGenuine日本食料品店のオーナーさんが日本の庭園を主題にするカレンダーをくれます。ほかには郵便でJunk mailですが、いろいろきますが、その日本庭園のはかならず私のオフィスの壁にかけています。
    フランス生活は楽しいですか。フランス語がしゃべれるのは羨ましいですよ。どんどんうまくなっていくでしょうね。がんばれ、ユリカ!!!

    ReplyDelete
  7. 旅行先で撮った写真です。
    日本の庭園のカレンダーなんて粋ですねー!こっちでは年末
    ゴミ収集で働く人と消防士がカレンダー売り(カンパ集め)に
    家にきますねぇ。
    フランス生活は”ボチボチ”ですね。”楽しい”って言い切れないのが
    ミソです(笑)

    ReplyDelete
  8. それでいいさ。外国暮らしは多くの日本の若者ならいつかみる夢でしょ。でも、誰でもがやれるって云うことじゃないし、、それでありながら友達も家族もいる日本を出たんだから、楽しくない時もあるさ。
    前にいったけど、俺はフランスに行きたかったから、ユリカがうらやましいさ。(ユリカの言葉を借りるけど)”しょぼ英語” でこっちの大学や大学院で勉強した時は楽しかったけど、その後は楽しい時あり、つらい時あり、っていうところかな。

    ReplyDelete