Tuesday, November 26, 2013

Blog: Behind the Scene - ブログの裏ばなし,独り言


このブログを覗に来る人はあまり多くないが、ずっと前に写真がきっかけで出会った人がたまにコメントしてくれることがある。この人は昔の写真仲間の友人だった。その写真仲間はオーストラリアの出身で日本でしばらく英語を教えていたが、すでにオーストラリアに帰っている。人の人生というものは速く変わるもので、彼の友人の人生もその時とはかなり違って、今は日本の家族や友達を離れて、フランスに住んでいる。時々、フランス生活の出来事や人との出会いなどをとても面白くブログに綴っているので、それを読むことがよくある。その人とある写真コンテストの結果 の件でこのようなコメントのやりとりがあった。私の写真を見てコメントしてくれる人は殆ど居ないし、コメントしてくれるということはとても有難いことなので、ここに載せておきたいと思った。これは、このブログの裏ばなしのようなものである。

Aさん:9000近くの写真から選ばれたなんて nobiさんすごいじゃないですかー!!
    折り紙のカエルめっちゃかわいいっす!
    結果みましたけど、still life のカテゴリーの水着とか素人にはすごい普通に
    見えてしまいます(笑)


俺:          おっ、結果も見てくれたんだ。こんにちは、Aさん。
    そうんなんですよ。審査員達が何を見てるのか、たとえば、構造、鮮鋭さ、色彩、
     照明とかが全然わからない時がよくあります。このコンテストの結果を見ると、
     時には、心が曲がってないと入賞するような写真はとれないんじゃ(笑)、
    なんて思っちゃいます。今回のコンテスト審査員は外国人(U.S.以外の)が
    多かったようです。前にはKodak とかNational Geography 関連会社とかU.S.に
    名のあるのが多くいたようでした。

Aさん:素人目には、nobiさんの写真の方が全然いいのにー!って思いましたよ!!
    私、以前、365枚の空の写真を日めくりカレンダー”にするっていう企画に
    応募したんですけど、結果に憤慨しましたよ。
    あたしの写真のほうが絶対、いや絶対いいのにー!っと思う写真が
    たくさんありましたから(笑)ちなみに、夫は一枚選ばれてたので、
    余計悔しかったですね。世の中、納得できないことって多々ありますよねぇ。
    でも、nobiさんめげずにファイトですよー!

俺:  空の写真、撮ってたんだ。どんなものでしたか。
    カレンダーと云えば毎年12月になると、この町にある唯一の日本食料品店の
    オーナーさんが日本の庭園を主題にしたカレンダーをくれます。
    ほかには郵便でJunk mailですが、いろいろ受け取りますが、
    その日本庭園のは必ず私のオフィスの壁にかけています。
    フランス生活は楽しいですか。フランス語がしゃべれるのは羨ましいですよ。
    どんどんうまくなっていくでしょうね。がんばれ、Aさん!!!

Aさん: 旅行先で撮った写真です。
    日本の庭園のカレンダーなんて粋ですねー!
    こっちでは年末ゴミ収集で働く人と消防士がカレンダー売り(カンパ集め)に
    家にきますねぇ。
    フランス生活は”ボチボチ”ですね。”楽しい”って言い切れないのがミソです(笑)

俺:  それでいいのさ。 外国暮らしは多くの日本の若者ならいつかみる夢でしょ。
    でも、誰でもがやれるって云うことじゃないし、、
    それでありながら友達も家族もいる日本を出たんだから、楽しくない時もあるさ。
    前にいったけど、俺はフランスに行きたかったから、君がうらやましいよ。
    君の言葉を借りるけど ”しょぼ英語” でこっちの大学や大学院で勉強していた時は
    メッチャ楽しかったけど、その後は楽しい時あり、つらい時あり、
    っていうところかな。

ーーー
ところで、「外国暮らしは日本の若者ならいつか見る夢でしょ」と云うことは今ではそうでは無いかも知れない。私が学生の頃はアメリカかフランスには絶対に留学してやるといつも夢見ていた。その頃は今と違って誰でもがそう簡単には海外留学には行けなかった。ハイテク企業が発展する以前のことで、外国への距離というものが今のように近く感じる日本人はいなかった。たとえ留学出来ても事情があったり、ホームシックで日本に帰りたくなったとしても日本に帰るのも経済的にそうたやすいことではなかった。現代日本では人々はかなり裕福になっている。海外旅行も多くの日本人はしている。留学も自費で行ったり来たるする学生も少なくない。海外旅行が極く普通なことになっている現代日本なのだ。
ちなみに、私が学生だった頃、中学生を対照に塾という形で英語を教えていた。その中学生達が私がアメリカへ去ったあと、高校、大学へ進学し、その後、アメリカや、ドイツ、フランスの国々へ留学していた。その一人は私がいる町の大学院に留学すると云う選択もあって、その大学院の教授にも面接に来たこともあった。結局、彼はドイツの大学で研究をする地位を獲得し、ドイツに行った。ドイツからの経済的援助は当地の大学よりはるかに良かったそうだ。

話をもとに戻すが、今は空の交通機関の発展で費用も安くなり、その上、コンピューター技術の開発に伴ってインターネット技術も発展し、世の中はとても便利になった。(ところで、私のアメリカでの仕事はそのコンピュータ技術の発達に貢献することだった。)コンピュータ技術やインターネット技術のおかげで、今では世界中のどこにいてもメールやメッセージでコミュニケーションはリアルタイムでできるようになり、そんな意味でも外国(アメリカ、ヨーロッパ)への距離感がとてつもなく縮んだ。それらを考えると現代日本の若者達は「幸せだなあ」と思うことがよくある。、、が、果たしてそれは本当にそうなのだろうか?

Monday, September 9, 2013

Japanese Dolls, etc.




この忍者人形は日本に帰った時に買って来たもので、浅草の仲見世通りを散策していた時に買ったものだと思う。数年前のことだったが、息子の二人と俺のもの合計三つ買った。下の息子はそれを今でも持っているようだが、上の息子のは最近見かけたことが無い。多分もう無くしてしまったのだろう。




Several yeas ago when I was back in Japan, I bought 3 ninja dolls.  I found these neat ninja dolls when I was visiting Asakusa Sensoji (Buddhist) temple.  There is a row of neat souvenir shops on temple grounds.  It's called Nakamise-Dori.  I kept one doll and the other two were given to my sons.  My younger one still has the doll, but I have not seen the other one.  It may have been broken or lost by now.








これらのこけし人形も日本に帰った時に買った。でも、買ったのは成田空港の販売店だった。日本を離れる前に誰かへのお土産として買ったはずだが、結局だれにもあげなかったようだ。お土産を買い忘れたので、英語でいう、"last minute shopping"を 空港でしたわけだった。そんなことはよくある。でも、こけし人形のように、俺のもとに残るものがある。自分の好きな物を誰にというなく買って、後で適当にあげるようにしているからだ。このことは下記の日本人形のところでもう少し説明してある。

I love these wooden dolls called Kokeshi.  I bought these kokeshi dolls at one of the shops at Narita Airport.  It was my last minute shopping at the airport.  I bought them for friends in U.S. as souvenirs.  But obviously, I did not give them away.  Some gift items often end up a part of my collection like these dolls.  The reason is that many times I buy gift items without any particular person or people in mind.  Just in case someone wishes to have unique Japanese cultural things, I have them to give away.  I may be a very generous guy, but I also like people to learn and enjoy Japanese culture.  These gifts are good tools to teach and spread about Japanese culture and customs.






この日本人形も空港で買った。でも、これは自分のために買った。でも、時には気前がいいので、誰かが何かを欲しがると、”いいよ” と言ってすぐにあげてしまうくせがある。でも、この人形はあげたくない。それで、ある日いい考えが浮かんだ。インターネットで今は色々なものが買える。それで、人形を二つ買った。それらの人形は日本製ではなくて中国製か台湾製で日本製よりずっと安かった。そんなに安物にはみえなく、わりとよくできている。それで、誰かが、人形が欲しいと言えばこのニセ物をあげることにしている。二つのうち一つはもう貰い手がある。ただ、その子の家には人形のケースがない。ケースが無いとほこりがつもるので、ケースを買うかガラス戸がある本棚を買ってもらえれば人形を取りに来なさいと云ってある。

I also bought this Japanese doll at the airport.  When I saw it, I had to buy it because it was very pretty.  The beauty of this doll is typical of Japanese dolls having beautiful colors of traditional kimono and ornaments worn by Japanese female persons.  I bought the doll for me to keep, and I did not want to give this one away.  When someone wants a doll like this, I have a couple of inexpensive dolls that I bought from a vendor on the net.  They are usually made in other countries. The ones I have are made in either Chinese or Taiwan.  They seem well-made.



Foreign Words That Have Been Randomly Japanized


無茶に日本語化された外国語:どたキャン、ばかキャラ, etc.

さて、話を変えるが、前に日本での外国語の使い方に関してアラフォーという言葉をとりあげた。そのブログで、私は日本でのどっちかというとデタラメな外国語の使い方、特に英語の使い方には賛成できないと書いた。当地で英語を母国語とする若い学生達に日本語を教えている時には英語を基にしたへんに日本語化された言葉がでてくる時には自分自身赤つらをすることがある。

最近、知り合いの大学の日本語教授が「どたキャン」と言う言葉を使った。えっ、ありえねえ。若者のあいだの会話ならいいけど、日本語を教える者からこんな言葉を聞くとは。この言葉は日本語の「土壇場」と云う言葉と英語の「キャンセル」と云う言葉を省略して合わせたものだ。まあ、面白いと言えば面白いが、それぐらいのものであろう。そのような言葉の使い方に反対する理由は日本語の質を悪化するからである。若者はいつの時代でも新しい言葉で物や動作や感情を表現したがる。マンガやアニメでも新しい表現で色々な場面や人の感情を表す。それはそれでいい。でも、それらの言葉が正当化されて、極く普通に大人の間でも使われたり、さらに、テレビ放送のニュースキャスターや専門家とのインタービューにも使われたりすると、俺の顔が赤くなる。

最近、「キャラ」と云う言葉をドラマなんかで耳にする。例えば、あたいは「そんなキャラじゃない」とか、おれの「キャラに合わねぇ」とかだ。キャラは英語のcharacterが省略されてものだが、キャラの意味は性格とか個性だ。そして 合成語として使われた場合「ばかキャラ」や「へたれキャラ」などがある。こんな言葉の「意味は?」と聞かれると説明するのは簡単だが、ちょっとバカバカしい。それは俺が「ばかキャラ」だからか?それとも、「へたれキャラ」か? ハハハ...いや、俺は「がんこキャラ」だからだ(笑)。俺もちょっとおかしくなってきたようだ。時間も無くなってきているので、このブログはここで「どたキャン」にする...この様な言葉の使い方はマンガやアニメなら分かるけど、俺は大人の友人や同僚との会話に使うと恥じを感ずる。"Shame on me!" という感覚だ。


In Japan, more frequently than ever Japanese people are using foreign words in their every day conversations, discussions, and even in writings.  Their pronunciation of foreign words are done in their own way, and often it sounds far from its original word.  For example, a word "trouble" is pronounced as "to-ra-bu-ru".  Each sound must be a syllable.  Since there is no "T" sound by itself in their language, "T" is combined with a vowel to create a syllable.  In this case "trouble" starts with a sound "to-" as in "to ra bu ru".  The last sound in "trouble" ends with "-le".  In Japanese, once again, there is no sound for "L", therefore, l-sound is changed to "r" sounds as in "ru".   Most of the time, these foreign words become a part of the language.   I have written in this blog before that I am not fond of using foreign words and making them as a part of Japanese language.  Here in Texas, there is spoken language called Spanglish, which is also commonly referred as Tex-Mex. It is a language that is a mixture of Hispanic/Latino Spanish and English.  It is neither Spanish or English and, in my opinion, it is totally a corrupted language.  Japanese is becoming similar to Tex-Mex and this is the reason I am opposed to using English words into Japanese as being done so often.

The other day, my colleague at a local college gave me a piece of his teaching materials.  He is an English teacher who specializes in teaching English to international students whose native language is anything but English. The teaching material contained the information about an elderly Japanese who is complaining about use of many foreign words on the public broadcasting company.  He claimed that he does not understanding what is being said because of many foreign words used in news programs.  He stated that while younger generation population are used to use of foreign words, but older generation population has difficulty getting accustomed to this.  He continue to state that he is stressed every time he hears and English loanword on NHK. Therefore, he is bringing this issue to public by taking NHK to court. - This story will continue. Please check back later. -


Keyword: Japanese doll kokeshi ninja loan loaned foreign words TexMex tex-mex language キャラ キャラクター アラフォー キャン どたキャン ばかキャラ へたれキャラ がんこキャラ

Sunday, May 19, 2013

For Tomorrow: Beautiful Voices of Japanese Children's Choir

Project "Hana wa Saku": Children's choir and children's skating in Sendai in support of reconstruction projects following the Japan's Northeast earthquake and tsunami disaster.

When I saw this short video clip on TV (TV Japan, New York), I was moved by beautiful voices of this Japanese children's choir. Among them are two solists. Both soloists have beautiful voices. The song is titled "Hana wa Saku" (Flower blooms). The song is the theme song for the earthquake and tsunami disaster reconstruction effort and its projects.

Shizuka Arakawa, a Japanese Olympic gold medalist in figure skating, joins the local children skaters at the ice arena in Sendai, where the gold medalist grew up and trained through her high school days.


video


"花は 花は 花は咲く
いつか 生まれる君に
花は 花は 花は咲く
いつか 恋する 君のために"

"Flower will bloom, Flower will bloom,
  for you, who are yet to be born someday,
 Flower will bloom, Flower will bloom,
  for you, who are going to love someone someday..."

Monday, March 25, 2013

Origami Greeting Cards and prints

http://fineartamerica.com/profiles/gen-nagase.html


折り紙グリーテイングカード

今回、ネットの写真仲間から勧められてFineartAmerica.comというサイトで写真やグリーテイングカードを発売することにしました。よろしくお願いします。


Recommended by photo friends, I recently joined FineArtAmerica.com.  I am offering many of my photo prints at affordable prices on this site.  Various sizes and paper types are available.  Ready to hang Canvas prints are also very attractive choices. 


Canvas print samples

Many of you know my origami art and photos, shown here, are also available in greeting cards.  Please check them out at: http://fineartamerica.com/art/all/genki-nobi+nagase/greeting+cards
Inside message is totally customizable. Your message will be centered in 18pot arial font. You may leave it blank, and the card may be used in any later occasion.  



Origami greeting card sample



折り紙グリーテイングカード

今まではsmugumug.comに所属していて色々な写真をアップロードしていましたが、そこでは写真を売るというより写真をショウケースして世界の人達に見ていただくということでした。それに変わって、FineartAmerica.comでは写真をショーケースし販売するということに焦点があります。写真の価格も購入しやすいように低めにしてあります。色々なサイズもありますし、プリントの種類もありますが、キャンバスプリント(キャンバスに直接プリントされているもの)もその一つでなかなか魅力があります。

グリーテイングカードの中のメッセージはあなたが好きなように書いていただけるようにしてあります。白紙にしておくこともできます。その場合は実際に使う時に適当なメッセージを記入することができます。

プリントの種類:



写真のサイトは http://fineartamerica.com/profiles/gen-nagase.html です。

そして、グリーテイングカードは直接こちらからアクセスできるようになっています。 http://fineartamerica.com/art/all/genki-nobi+nagase/greeting+cards







Origami Art

fineartamerica.com

Wednesday, February 20, 2013

6th Annual Photography Masters Cup




この前のブログではこのコンテストに二つの写真応募を考慮していると書いたが、その後、コンテストの締め切り日が延長されたので、追加としてもう二つを応募しておいた。応募料は割引で二つの写真で35ドルとなっていたが、過去のコンテスト参加者ということもあって、今回は計4点の写真応募で10ドルでよしなっていた。近頃は何処へ行っても、何をしても何らかの費用を要求されるが、このように世界的高度レベル写真コンテストでありながら高額な応募料を要求しないのは有難い。通常一点25ドルから30ドルぐらいだから、4点の写真応募では少なくとも100ドルとなる。そうなると、俺は多分写真一つぐらいしか応募しない。それでは、入選どころかノミネートされるチャンスがゼロなる、とか、なんとか、、。ほんとは、1点でも、4点でも、あまり違いはないだろう。。。


Photography Masters Cup 最新情報:

PHOTOGRAPHY MASTERS CUP HONORS PHOTOGRAPHER Nobi  Nagase from Japan (resident in U.S.)

先週の土曜日、二月十六日にそのコンテストの入賞者の発表が世界各国で見られるようにインターネットで大規模に行なわれた。時間の都合でリアルタイムで見ることは出来なかったし、それに、何の知らせも来ていなかったので、俺の写真は「ボツだったか」と思っていた。ところが、きのうになって、メールで二つの写真がノミネートされたいたという知らせがあった。そのメールによると、今回は86ヵ国からプロおよびアマチュア写真家がコンテストに参加して計9000ちかくにのぼる優秀な作品が応募されていたと書いてあった。ちなみに過去のコンテストには10000をこえる写真が応募されていたので、今回の数は通常より割と下回っていたようだ。とにかく、ノミネートされたということは入賞候補に選ばれたということで、入賞するとは限らないが、ノミネートされただけでも、俺は満足している。他のコンテストなどではファイナリスト(最終選考進出者)という言葉を使っている場合が多い。Photography Masters Cup のレベルは他のコンテストよりはるかに高いので、入選するのはかなりむずかしい。でも、いつか、入選したいし、しなければならないと思っている。ところで、ノミネートされていた二つの写真は後で追加したものだった。「おっ、追加しておいてよかったじゃン」なんて感じだ。というのは、もう今回でこのコンテストの参加はやめようと思っていたさなかであった。まあ、ノミネートされていて、「これで良し」、「次回もやるか」、、という気になった。



Photography Masters Cup: Nominee
Category: Still Life
Title: Midnight Express
Origami frogs: I created a group of frogs on a lily pad
imagining a scene where frogs are catching a ride
to go home on a midnight express train.




Photography Masters Cup: Nominee
Category: Americana
Title: Recycled
Aluminum can craft: Made of coke cans and sprite cans.
Airplanes and automobiles were skillfully created.
I took this photo on a street corner in Nassau, Bahamas.





PHOTOGRAPHY MASTERS CUP HONORS PHOTOGRAPHER

LOS ANGELES February 16, 2013 - Amateur photographer , Nobi Nagase of Japan (currently resident in U.S.) was presented with the 6th Annual Photography Masters Cup Nominee title in the category of, "Still Life" and "Americana" at a prestigious Nomination and Winners Photo Show. The live online ceremony webcast Saturday, February 16, 2013, was attended by photography fans in 86 countries who logged on to see the climax of the industry's most important event for color photography.
The awards international Jury included captains of the industry from Phillips de Pury & Company in New York; Kunst Licht Gallery, Shanghai; XPO Gallery, Paris; Tasveer Galleries, India; BFN, Netherlands; to BBH in London who honored Color Masters with 239 coveted title awards in 18 categories.

"It is an incredible achievement to be selected among the best from the 8,521 entries we received this year," said Basil O'Brien, the awards Creative Director. "Nobi's two exceptional images, "Midnight Express" entered in the Still Life category, and “Recycled” entered in Americana category, represent contemporary color photography at its finest, and we're pleased to present him with the title of Nominee."

INTERNATIONAL COLOR AWARDS, PHOTOGRAPHY MASTERS CUP is the leading international award honoring excellence in color photography. This celebrated event shines a spotlight on the best professional and amateur photographers worldwide and honors the finest images with the highest achievements in color photography. www.photomasterscup.com.


Friday, January 11, 2013

2013 - The Year of the Snake


Happy New Year !

明けましておめでとうございます。


今年は巳年(十二支のへびにあたる)なので、オリガミのヘビを折ってみることにした。ヘビは折ったことがないので、ネットである程度の折り方を見て自分なりのものを作ってみた。体の部分は基礎的なものだけれど、頭の作り方には色々違ったものが目についた。私は日本のオリジナルと云うか昔から伝えられたオリガミの折り方にこだわっているので、今ではネットでよく見られる(オリ)紙職人が作るような物にはしないようにする。それに、私はそんなに器用ではないので、そのような物は絶対につくれない。私が折るオリガミは普通の四角なオリガミ紙を使ってハサミも糊も使わないもだから(例外あり)、極くシンプルなものだと言われるかもしれない。

For the year of 2013, the year of the snake, I was making origami snake by following different diagrams on the net. There are quite a few different models.  Many of them are more or less paper crafts and more complex folding methods are used.  In my opinion, they have gone beyond traditional origami art and turned them into elaborate paper craft.

I came up with a couple of snake models. The body part is done by basic (Japanese) origami folding method and is common to many models I saw on the net. The head part can be folded in several different ways. I implemented my own way to create the head part. I came up with the following snake model as my favorite. I flattened the head to make them look like cobra.


Cobra:




Fighting cobras:




The winner:












Garden Snake:












 (For those who are interested in more elaborate origami snake models, here's a couple of links for your reference:

http://www.flickr.com/photos/josephwuorigami/8363845974/in/photostream .
Mr. Wu is known as a professional origami artist on the net. He is on Flickr and Instagram photo sharing sites where I have also shared some of my photos.

Here is another link where more realistic look-like cobra models are displayed at the time of this writing. I do not know the person who created them, but I have to say he does fabulous work.
http://snkhan.co.uk/forum/viewtopic.php?p=75451 )