Sunday, April 18, 2010

Shadow Ballet

I went back to shoot in the bluebonnet field during the sunset hours. I saw a group of three or four children running across the field. There is a dry creek that runs on the side of the field. I went down to the creek and was looking up the sky over the bank to see whether the lighting is good enough to shoot from down below. The sun was about to go down the horizon but the sky was still light.


Just then, I saw the shadow of children along the top of the bank. Children have the god given freedom, agility. and talent to pursue their fun and happiness in their own way. With their abundant energy they must feel as free as birds and they can run as fast as deer. They go from one place to another so fast.

I raised my camera and started shooting a few shots as my camera lens followed the shadow.


As soon as they got down to the creek, in no time they turned around and went up the bank and disappeared over the horizon. It was a pleasure to observe these children running across the field, down and up the creek. It was so fast as if I was watching a short film clip in fast motion.


I knew they were kids, but it was like something that happens in the nature photo shoots. It's like shooting birds and animals. The opportunity to capture good photos can come and go very fast, and many times I miss them all together and come back empty handed.

Today, I shot some sunset scenes, but most interesting and my favorite shots were of these kids.



走り回る子供達の影

もう一度日の入りの写真を撮りにブルーボネットの野原へ行ってみた。
あたりを見回し写真を撮る位置をさぐっている時に3,4人の子供達が喜び声をあげながら野原を走っているのを見かけた。そんな様子をみると もう一度子供時代に戻りたいという気持ちになるのは私だけではないだろう。 この野原の一端には小さな小川がある。普通、特に、夏にはその小川は乾いているが今は少し水が流れているようだ。土手を下って小川の方へ下りてみることにした。そこから土手を見上げながら日の明るさを計り写真を撮る準備をしていると、突然子供達の影が土手の上を横切っているのが一瞬目にとまった。子供達は自由で元気で限りない活気にあふれている。彼等の行動はすばやく、鳥や鹿のようにあっちこっちと飛び回るようだった。無意識にカメラをとりあげ子供達の影を追いながらパチパチと数枚の写真をとった。彼等は土手を下りて小川に着いたとたん、すばやく土手の上の方へ上がっていって、あっという間に彼等のすがたは夕暮れのひかりの中から消えていった。

今みたのは野や山で自然の鳥や動物の写真を撮る時を同じような風景であった。自然そのものだった。動物達の行動は本能で色々なところへ自由に行ったり来たりする。写真家のためにこっち来たり、止まったり、ポーズしたりはしない。時にはすばやく飛び回ったり、走り回ったり、時にはじれったいほどのろのろしたりすることもある。自然の生き物の写真を撮るのは通常易しいことではない。運と根気がなければ自然の動物の写真を撮ることは出来ないと思っている。それに、自然が与えてくれる機会を見逃さずシャッターを押し、はじめて良い写真が撮れる。良い写真を全然撮れず疲れ帰ってくることがよくある。

今日は、日の入りの写真を含めて数枚撮ってきたが、面白いな思ったのは、今日の”お気に入り”でもある子供達の影の写真であった。

Saturday, April 10, 2010

Professor, Baby, and Bluebonnet

今日は知り合いの大学の日本語教授がブルーボネット
写真を撮りに行きたいというので案内してきました。
今回のエッセイは写真に語ってもらうことにしました。
I accompanied a college professor (Japanese Language teacher) and her child for a photo shoot in the Bluebonnet Field.
The photo sequence tells story, and no writing for this blog.
(Click the photo to enlarge)







Indian Paintbrush

Indian Paintbrush with bluebonnet in the background

Monday, April 5, 2010

Bluebonnet Sunset, 2010


On Sunday, I went to check how Texas wildflowers are doing this year within the city limit.

I visited Dell Campus neighborhood where I took the photo titled "Bluebonnet Sunset" in 2005.
Since that year, bluebonnet and Indian Paintbrush have not done well, and every year has been very disappointing for photo shoots. The field is right in the middle of the industrial and business complex. I have been pessimistic about the survival of wildflowers there. It won't be surprise to me if another mid-rise office building goes up and wipe out the environment, especially wildflowers that had survived for a few years past.

When I got there, what a surprise! Bluebonnets and Indian Paintbrushes were back and in full bloom. It was a overcast day and light mist had been falling all morning. The colors were not the brightest but I took several shots.

After coming home, I uploaded the images to my computer. I discovered that a few snow photos on the same compact flash card. I have totally forgotten about the snow photos. Here in the Central Texas area, it snowed on February 23. Today is April 4.
When I saw the snow photos and the bluebonnet photos, Shelley's (Percy Bysshe Shelley, 1792 – 1822, a British Romance Poet) famous phrase, "If winter comes, can spring be far behind?" flashed in my mind. This winter has been unusually harsh for this part of the country. How I wished the spring arrival. After that snow day, cold days lasted for another 2 to 3 weeks. Now, it's April, and spring air is certainly here.

It may be a little strange to post these two photos together, but here's the photo of snow covered Nandina berries.


The next day, the weather improved a little in the afternoon, and the sun started to peek through the cloud. So, I took another trip to the same place around the sunset hours, and shot a couple of photos using two different exposures. Then, I merged the two photos to create my new "Bluebonnet Sunset, 2010".



雪と野の花

昨日の朝、市内の野の花や野草のようすを見に出かけた。
テキサスでは州花のブルーボネットという青色のきれいな花が三月の終りごろから四月の初めに野原一面を覆うことがよくある。ブルーボネットのほかにインディアン・ペイントブラシという橙色の花も野原に咲きみだれる。
五年ほど前に Dell コンピュータ会社の近くの広野原で撮った写真は夕暮れの野花の景色のものだった。その時のカメラはやや小さいデジカメだったが、今回はキャノンの20Dでそのような景色をまた撮ってみたかった。それで、その方へ車を走らせた。2005年以後、その野原では野花は全滅していたと言っても過言ではなかった。そこは、Dell コンピュータ会社の中層ビルや工場もあり、またその辺には I35 高速道路も通っていて、かなりコマーシャル化されている。でも、野原は今だにあって通常野草だけが生えている。 さて、そこへ着いてみると、なんと驚き、驚き。ブルーボネットやインディアン・ペイントブラッシの花が一面に咲いている。2005年の時とはスケールが少し小さいが、でも、写真には充分だった。そこで、パチパチと少し写真を撮った。だが、お天気は朝から霧雨が降っていて、曇り空で、花の色はあまり輝いていなかった。
家に戻って写真をコンピュータにアップしてみると2月に撮った雪の日の写真もそのフラッシュカードに入っていた。雪の写真のことは全く忘れていた。
テキサスのこのあたりにしては、この冬はとても寒かった。強い北風が吹く日が続き、雪も降った。春が来るのが待ちどうしかった。雪の写真と今日の野の花の写真を見たとき、詩人シェリーの"冬きたりなば、春遠からじ”という詩を思い出した。雪が降ったのは2月の末、今日は4月の始め。1ヶ月あまり後、確かに、いつの間にか冬は去って、春が来ていた。

雪の写真と野の花の写真を一緒に載せるのは可笑しいかなと思いながらも、そうすることにした。
=======

日の入りの写真は、次の日の天気が少し良くなって雲の間から日がさすこともあったので、その日の夕暮れまたそこへいった。前のように野の花と日の入りの太陽の写真をこのカメラ(キャノン20D)で撮りたかったので、絞りやシャッターを調節して数枚撮ってみた。