Wednesday, December 29, 2010

Fashon/Glamour Photography

Body Adornment


I have known Shelli for several years. She is a beautician, a hair stylist, a manicurist, and an artist. She is a wax specialist as well. Her painting is usually abstract paintings of lines and curves of some beings or flowers, animals, and people. She also has a special skill in body art and she does a fascinating work. I had the opportunity to photograph her art on several occasions. (continue below)


ファッション フォトグラフィー


今回の写真は普通とはかなり違ったものになる。この様な写真は俺としても稀なものだ。ファッションというよりアート・フォトグラフィーに向いている。英語で”Fine Art Photography”という分類があるのでこれらを写真コンテストに出す時にはそれに類別できる。




デジタル一眼レフ(DSLR)で写真を撮るようになって数年。得意というか下手の横好きで朝日や夕日に輝く景色や花をミクロレンズで撮るのが好きだ。でも、時には都市の高層ビル、または旅行している時に撮る街角の人の何気ない行動や表現などもカメラでおさめることもある。ポートレート(スタジオで撮る人の写真)は普通撮らないことにしている。

だが、ある時知り合いのミシェルという名のアーティストから仕事上のポートフォリオ(担当するモデルの代表写真集)を作りたいのでやってくれないかと頼まれた。ミシェルは美容師でもあり、マニキュア師でもあり、また画家でもある。その時の仕事は花の模様を女性の身体に描くユニークなアートであった。写真スタジオの設備も機材、器具もないが最善を尽くしてやってみると言っておいた。それはもう3、4年前のことだった。それから今までに四、五人あまりのモデルを撮影した。数人の友からそれらの写真はどこで見られるのかとよく聞かれることがある。それに、兄貴に一度"そのうちホームページに載せておくよ”と言ったこともあった。今は年末の休暇中で時間があるので、なんとかまとめることにした。それで、今回のブログは単にこれらの写真を一般に公開できるように編集してアップすることにした。いわゆるボデイー・アートの写真集のようなものである。

ここではっきり言っておきたいが、これは美術の物として見てもらいたい。そうじゃなければ、入れ墨のようであるが実際は画題が女性の身体に描かれたアートなので人によっては不愉快感、又は反発感をあたえるかも知れないからだ。



ところで、ポートレートは撮らないことにしていると言ったが、これは普通のポートレートとは違って、どっちかというとArt Photographyと言えるので、この様な写真ならやれる。俺なりの考えではポートレートにはなんの魅力もないし面白さもない。ただ、写真で金儲けをしたければポートレートすればよい。

あれからミシェルは別の仕事を始めたので、この様な写真を撮ることは恐らくもうないだろう。スタジオの設備や照明器具があったらもっと良い写真が撮れたのにと今になってちょっと残念な気がしてならない。この様な機会がまたあったらそんな時はもっと良い設備を用意しておきたい。





She wanted to build a portfolio of her work and asked me if I would be willing to take photos for her. Although I did not have lighting equipment for proper lighting, I said I would do my best to help her in creating her portfolio. That was a few yeas ago, and to this day I did 4 or 5 photo sessions of her models.



I have posted a collection of these photos here. You see the photos are not my usual sunrise, sunset, nor floral macros. These are people photos. Portrait photography? Portrait photography is not something I do with enthusiasm, but her work was fascinating and gave me a portrait opportunity normally I wouldn’t have done. As you view these photos, you will see that the real subject of photos is not the person, but it's the artwork as a whole, i.e "Fine Art". It is truly fascinating and I hope you will be amazed as I have.


My Little Cheerleader













Beautiful Texan


















龍女











椿女



Saturday, August 21, 2010

Photography Masters Cup





Photography Masters Cup: International Color Awards

LONDON August 16, 2010 - Amateur photographer Nobi Nagase of Japan (resident in the U.S.) was presented with the 4th Annual Photography Masters Cup Nominee title in the category of Still Life at a prestigious Nomination & Winners Photo Show attended by over 40,000 online viewers who logged on live from 154 countries to see the climax of the industry's most important event for color photography.

The awards international Jury included captains of the industry ranging from Christie's in New York, National Geographic Channel, Fox Broadcasting Company, Amsterdam Worldwide, Kodak USA to Esquire in London who honored Color Masters with 235 coveted title awards in 31 categories. The judges reviewed thousands of images submitted from every corner of the globe online for eight weeks before making their final nominations and Nobi's "Healing Water", an exceptional image entered in the Still Life category, received a high percentage of votes overall.

"The Masters Cup celebrates photographers who operate at the highest levels of their craft," said Basil O'Brien, the awards Creative Director. "Nobi's work represents contemporary color photography at its finest, and we're pleased to present him with the title of Nominee."
See the 4th Annual Winners & Nominees.
INTERNATIONAL COLOR AWARDS PHOTOGRAPHY MASTERS CUP is the leading international award honoring excellence in color photography. This celebrated event shines a spotlight on the best professional and amateur photographers worldwide and honors the finest images with the highest achievements in color photography.

Monday, July 19, 2010

"Romantic Paris" on iTunes Store


"17 premium images for your iPad from photographer Nobi."
(Click the logo above to view the app on the iTunes Store.)

This image application for iPad is a collection of photos from my trip to Paris. The application is now released globally by Shanli and available on iTunes Store. It's been just over a month since the release date, it has done remarkably well in other parts of the world as well.

Sample screen shots on iPad.


















All images are copyrighted: ©Nobi Nagase












I Love Paris: 

これはフランス旅行の際2,3日パリに泊って、そして南フランスの方へしばらく行って、その後またパリに戻ってきた時に2,3日滞在し、合計一週間近くに渡って撮った写真集です。Shanli ソフト会社が iPad アプリケーションとして編集し iTunes Store から一般に購入されるようにされたもので、アメリカのみならず、世界諸国の iTunes Store で見つかります。 是非このアプリケーションをご使用のお国の、あるいは地域の iTunes Store でご覧、又はダウンロードしていただければ嬉しいです。上記の App Store のロゴをクリックすると英語版のアプリケーションの詳細が見られます。

Saturday, June 12, 2010

Snoopy's "Daisy Hill" Puppy Farm


I always think of Snoopy's "Daisy Hill Puppy Farm" to be a place of "Love" and "Happiness". It is like our home town. The place we always remember when we grow up. It's the "Home Sweet Home".



This origami puppy is easy to fold. When children ask me to show them how to fold origami, this is one of the few I use to teach.




This photo on the left was in National Geographic Daily Dozen selection a while back.

Some of my images sometimes find ways to stray away to other internet sites without my knowledge. Here is one I discovered on a Spanish language site a while ago, cedequack.wordpress.com. I have become more tolerant of cases like this when the site owner/blogger credits the photo to my name. If you decided to it look up, go to the site and page down to an image of origami puppies.


デージーヒル子犬園

スヌーピーの故郷のデージーヒル子犬園は愛と幸せが一杯あるところに違い無いと思う。俺たちの故郷に楽しい思い出が一杯ある所のように。スヌーピーは里に帰るということはめったにないが、きっとその時を楽しみにしていると思う。そこにはスパイクという名の兄貴がいる。彼等は多分ワンパク兄弟であったに違いない。

俺も小、中学に行っているころはワンパク時代があった。小さかった頃は終戦後の高度経済成長の少し前で、日本がまだ貧乏から立ち上がろうとみんな懸命に頑張っている頃だった。 小さいころは冬には学校へ行くときなどはとても寒く感じたような気がする。学校が始まる前には日向を選んで遊びごとをしていたようだった。そのころは辛かったんじゃないかと思うが今になってはそれは懐かしい思い出の一つとして端に残っていている。夏には近所の仲間とプールや近くの川などに泳ぎに行った。近くと言っても歩いて行ける距離ではなかったので、無論日本のことだから電車に乗って行ったさ。川に行った時はおにぎりなどの弁当を持っていった。とても楽しかった。その頃は近くにコンビニがあるなんてことはムロンなかったさ。こんなような色々な思い出が沢山ある。


その頃はコンピュータやゲームなどが発明されるずっと前のことだから、俺たちは俺たちなりに色々な遊びごとや遊びものを発明していた。ワンパクなことと言えばこんなことが一度あった。
親友と二人でアメリカ進駐軍の基地の射撃練習場へ夕方ごろ行ったことがある。兵隊たちの練習が終えて帰って行くのを待っていたが、待ちきれず、土手を登って上から彼らの射撃を見ることにした。その時突然銃を肩にした一人のアメリカ兵が近くの土手の間から俺たちを偵察しているのに気がついた。俺は一瞬"マズイ”と感じた。友達に”逃げろ!”と叫んで一目散に土手を走り下った。俺たちは撃たれなくすんだようなので、後ろを振り返ってみるとその兵隊は苦笑いをしていたようだった。

それでも俺たちは懲りないで、彼らが射撃場を去るのまって、その後、中へ入って、鉄砲玉の空のものを幾つか拾って帰った。何故そんな無茶なことをしたのかというと、そのころ、俺は自家製の鉄砲を作ることに凝っていた。空気銃なんてものを持っていた奴もいたようだが、俺にはそんな物を買って貰えるはずはなかった。欲しかったら自分で作る以外には手にいれる方法はなかったのだ。それに、そういう物を作ることは物を買うよりもずっと楽しいことだった。鉄砲を作って、それが実際に弾を発射できるのかは疑問だったが、あらゆる調整した後弾が発射できた時はスリル満点の感覚だった。
ところで、あの時もし俺があのアメリカ兵に気ずかなかったら、俺達を撃たれていただろうか? 捕まっていただろうか? あの頃あとでそんなことを考えてゾットすることがよくあった。貧乏でありながら、辛かったことも含めて色々なことがあったが、今ではみんな楽しい思い出になっている。 書きはじめたらキリがない。。。 また、いつかそなんことをとり上げることもあろう。

子犬のオリガミの折り方は易しいので、子供達がオリガミを教えてくれと頼みにくるとき この子犬なんかを作りはじめる。 そして、紙の木や草なども切って”子犬の友だち”とか”一人ぼっちの子犬”などのストーリー場面を作って子供達に折り紙の楽しさをあじあわせる。 三つ目の写真はナショナル・ジオグラフィックのデイリーダースに選ばれたことがあった。

このサイトは (cedequack.wordpress.com), スペイン語なので読めないが俺の写真を許可無しで載せているのに最近気ずいた。こうゆうことは近頃よくある。でも、この場合は俺の名前も載せてあるので、良心のない奴では無さそうなので、こうゆうことは大目に見ることにしている。

Monday, May 3, 2010

Wildflower Wallpaper

Texas Wildflowers:

The images are 1280x1024 high resolution photos. Click to enlarge any photo and save to your computer. They may be used as they are, or depending on your screen size, you may re-size or crop them as you wish. (For personal use only)

March 27, 2013 - Update
The full resolution photos are also available for purchase at:

http://fineartamerica.com/profiles/gen-nagase.html.

Bluebonnet Art


お気に入りの画像をデスクトップのウォールペーパー(背景)に。
お好みの画像を左クリックすれば拡大できます。そして画像の上にマウスを重ねて右クリックして、メニューの中の[デスクトップの背景として設定]を選択(クリック)すれば、その時点でデスクトップウォールペーパーは設定します。他の方法は、拡大された画像のファイルをお使いのコンピュータに保存して、それからウォールペーパーに設定することもできます。
(質問があればコメントに入れてください。Google の ID が無い場合 Anonymous としてで結構です。)


Indian Paintbrush















Bluebonnet















Bluebonnet Sunset

Sunday, April 18, 2010

Shadow Ballet

I went back to shoot in the bluebonnet field during the sunset hours. I saw a group of three or four children running across the field. There is a dry creek that runs on the side of the field. I went down to the creek and was looking up the sky over the bank to see whether the lighting is good enough to shoot from down below. The sun was about to go down the horizon but the sky was still light.


Just then, I saw the shadow of children along the top of the bank. Children have the god given freedom, agility. and talent to pursue their fun and happiness in their own way. With their abundant energy they must feel as free as birds and they can run as fast as deer. They go from one place to another so fast.

I raised my camera and started shooting a few shots as my camera lens followed the shadow.


As soon as they got down to the creek, in no time they turned around and went up the bank and disappeared over the horizon. It was a pleasure to observe these children running across the field, down and up the creek. It was so fast as if I was watching a short film clip in fast motion.


I knew they were kids, but it was like something that happens in the nature photo shoots. It's like shooting birds and animals. The opportunity to capture good photos can come and go very fast, and many times I miss them all together and come back empty handed.

Today, I shot some sunset scenes, but most interesting and my favorite shots were of these kids.



走り回る子供達の影

もう一度日の入りの写真を撮りにブルーボネットの野原へ行ってみた。
あたりを見回し写真を撮る位置をさぐっている時に3,4人の子供達が喜び声をあげながら野原を走っているのを見かけた。そんな様子をみると もう一度子供時代に戻りたいという気持ちになるのは私だけではないだろう。 この野原の一端には小さな小川がある。普通、特に、夏にはその小川は乾いているが今は少し水が流れているようだ。土手を下って小川の方へ下りてみることにした。そこから土手を見上げながら日の明るさを計り写真を撮る準備をしていると、突然子供達の影が土手の上を横切っているのが一瞬目にとまった。子供達は自由で元気で限りない活気にあふれている。彼等の行動はすばやく、鳥や鹿のようにあっちこっちと飛び回るようだった。無意識にカメラをとりあげ子供達の影を追いながらパチパチと数枚の写真をとった。彼等は土手を下りて小川に着いたとたん、すばやく土手の上の方へ上がっていって、あっという間に彼等のすがたは夕暮れのひかりの中から消えていった。

今みたのは野や山で自然の鳥や動物の写真を撮る時を同じような風景であった。自然そのものだった。動物達の行動は本能で色々なところへ自由に行ったり来たりする。写真家のためにこっち来たり、止まったり、ポーズしたりはしない。時にはすばやく飛び回ったり、走り回ったり、時にはじれったいほどのろのろしたりすることもある。自然の生き物の写真を撮るのは通常易しいことではない。運と根気がなければ自然の動物の写真を撮ることは出来ないと思っている。それに、自然が与えてくれる機会を見逃さずシャッターを押し、はじめて良い写真が撮れる。良い写真を全然撮れず疲れ帰ってくることがよくある。

今日は、日の入りの写真を含めて数枚撮ってきたが、面白いな思ったのは、今日の”お気に入り”でもある子供達の影の写真であった。

Saturday, April 10, 2010

Professor, Baby, and Bluebonnet

今日は知り合いの大学の日本語教授がブルーボネット
写真を撮りに行きたいというので案内してきました。
今回のエッセイは写真に語ってもらうことにしました。
I accompanied a college professor (Japanese Language teacher) and her child for a photo shoot in the Bluebonnet Field.
The photo sequence tells story, and no writing for this blog.
(Click the photo to enlarge)







Indian Paintbrush

Indian Paintbrush with bluebonnet in the background

Monday, April 5, 2010

Bluebonnet Sunset, 2010


On Sunday, I went to check how Texas wildflowers are doing this year within the city limit.

I visited Dell Campus neighborhood where I took the photo titled "Bluebonnet Sunset" in 2005.
Since that year, bluebonnet and Indian Paintbrush have not done well, and every year has been very disappointing for photo shoots. The field is right in the middle of the industrial and business complex. I have been pessimistic about the survival of wildflowers there. It won't be surprise to me if another mid-rise office building goes up and wipe out the environment, especially wildflowers that had survived for a few years past.

When I got there, what a surprise! Bluebonnets and Indian Paintbrushes were back and in full bloom. It was a overcast day and light mist had been falling all morning. The colors were not the brightest but I took several shots.

After coming home, I uploaded the images to my computer. I discovered that a few snow photos on the same compact flash card. I have totally forgotten about the snow photos. Here in the Central Texas area, it snowed on February 23. Today is April 4.
When I saw the snow photos and the bluebonnet photos, Shelley's (Percy Bysshe Shelley, 1792 – 1822, a British Romance Poet) famous phrase, "If winter comes, can spring be far behind?" flashed in my mind. This winter has been unusually harsh for this part of the country. How I wished the spring arrival. After that snow day, cold days lasted for another 2 to 3 weeks. Now, it's April, and spring air is certainly here.

It may be a little strange to post these two photos together, but here's the photo of snow covered Nandina berries.


The next day, the weather improved a little in the afternoon, and the sun started to peek through the cloud. So, I took another trip to the same place around the sunset hours, and shot a couple of photos using two different exposures. Then, I merged the two photos to create my new "Bluebonnet Sunset, 2010".



雪と野の花

昨日の朝、市内の野の花や野草のようすを見に出かけた。
テキサスでは州花のブルーボネットという青色のきれいな花が三月の終りごろから四月の初めに野原一面を覆うことがよくある。ブルーボネットのほかにインディアン・ペイントブラシという橙色の花も野原に咲きみだれる。
五年ほど前に Dell コンピュータ会社の近くの広野原で撮った写真は夕暮れの野花の景色のものだった。その時のカメラはやや小さいデジカメだったが、今回はキャノンの20Dでそのような景色をまた撮ってみたかった。それで、その方へ車を走らせた。2005年以後、その野原では野花は全滅していたと言っても過言ではなかった。そこは、Dell コンピュータ会社の中層ビルや工場もあり、またその辺には I35 高速道路も通っていて、かなりコマーシャル化されている。でも、野原は今だにあって通常野草だけが生えている。 さて、そこへ着いてみると、なんと驚き、驚き。ブルーボネットやインディアン・ペイントブラッシの花が一面に咲いている。2005年の時とはスケールが少し小さいが、でも、写真には充分だった。そこで、パチパチと少し写真を撮った。だが、お天気は朝から霧雨が降っていて、曇り空で、花の色はあまり輝いていなかった。
家に戻って写真をコンピュータにアップしてみると2月に撮った雪の日の写真もそのフラッシュカードに入っていた。雪の写真のことは全く忘れていた。
テキサスのこのあたりにしては、この冬はとても寒かった。強い北風が吹く日が続き、雪も降った。春が来るのが待ちどうしかった。雪の写真と今日の野の花の写真を見たとき、詩人シェリーの"冬きたりなば、春遠からじ”という詩を思い出した。雪が降ったのは2月の末、今日は4月の始め。1ヶ月あまり後、確かに、いつの間にか冬は去って、春が来ていた。

雪の写真と野の花の写真を一緒に載せるのは可笑しいかなと思いながらも、そうすることにした。
=======

日の入りの写真は、次の日の天気が少し良くなって雲の間から日がさすこともあったので、その日の夕暮れまたそこへいった。前のように野の花と日の入りの太陽の写真をこのカメラ(キャノン20D)で撮りたかったので、絞りやシャッターを調節して数枚撮ってみた。

Wednesday, March 3, 2010

Japanese Speech Contest

日本語 スピーチコンテスト


This is a second part of an earlier blog "Tears of Joy". That blog was about a high school graduate student who studied Japanese. In it, I touched on another student, an engineer about whom I said I would likely write later when the time comes. It seems the time has come. (This is written in Japanese as the other. An English version to be posted later.)

夏に日本語を教えていた学生の一人から、最近メールがきた。 ”今学期はとても仕事が忙しいので、日本語のクラスはとっていませんが、やはり日本語が大好きなので、今回日本語スピーチコンテストに参加することにしました。 それで、このスピーチを訂正していただきたいのです” と書いてあった。この学生は、当地のICデザイン社の支社で活躍している優秀なICエンジニアだということは”嬉し泣き”のブログに書いた。

これは地区コンテストでトップスリーは州のコンテストに行けることになる。因みに、そこで三位までの入賞者はU.S.全国スピーチコンテストに出られるようになる。そこでまた入賞すればその時は入賞金で日本に行けることになる。彼のスピーチは  ”僕のおばあちゃん”と題してあった。 彼の出身は台湾。 お婆さんは台湾がまだ日本の植民地であったころに育ったそうだ。それで、日本は台湾国民に日本語教育をしていたころで、日本語を話していたそうだ。でも、大人になって中国語を勉強して家族は中国語で話していたとのこと。お婆さんは子供の教育にとても関心を持っていて、いつも彼と弟に学校のことやら、テストのことなど色々聞いていた。

スピーチは良く書けていたが語彙や文法の使い方に少々問題があったのでそれらを訂正してメールで送り返しておいた。 彼の他に2,3人の当地の短期大の学生達もスピーチコンテストに参加するというので教授に薦められて色々アドバイスを聞きに来ていた。合計四人ほどの学生がコンテストにでるので、コンテストの日の午後オーディトリアムへ行くことにした。そこへ入ってみるとちょうど大人部門のフリースタイルスピーチが始まったばかりのようだった。 この部門のコンテスタントは十人にしぼられていた。

私がアドバイスした四人の学生のスピーチの内容はそれぞれ:

1. 大学二年生、メキシコの文化と音楽、特にマリアッチ音楽の体験の話。
2. 大学一年生、夏休みにモンゴルに旅行した時の話だったが、彼は食中毒にかかってとても苦労した経験の話。 
3. 大学二年生で海外授業で日本で日本語の勉強した経験と語学を通うしての将来への希望。
4. そして、上記のICエンジニアのお婆さんの話。

皆のスピーチが終わって学生達は休憩に入ったが、それは いよいよ審査の時がきたということだ。
この四人の学生達のスピーチはよくできていた。だが、彼等以外のコンテスタントもよくやっていた。一人はインド人で日本の女性と結婚している人で、彼の日本語は十人の中では一番といえるかもしれない。そして日本に住んだ経験のあるのではないかと思われる台湾出身の女子大学生もいた。それで、この二人にはちょっと勝つことは難しいような気がした。 でも、このエンジニアの日本語も良かったと感じたので、彼には賞がとれるチャンスはあると思った。審査員のなかには知り合いの大学教授もいたので、挨拶に行ったときあの”エンジニアの話はよかったね”といってくれた。 審査は一時間あまりかかるようだったので、四人の学生達に会って少し話しをした後 私は結果を待つ必要がないのでそこを出ることにした。実際は四人のなか三人は恐らく賞をとるのは少し難しいのじゃないのかと思ったのでそこに居ると少し悲しいので去ることにしたのでもあった。

その日の夕方にICエンジニアがケイタイでメッセージを送ってくれた。彼は二等賞に選ばれて大喜びだった。彼の日本語もとても良かったが、”お婆ちゃん”の話の内容も良かったようだ。 ただ、他の学生達もよく頑張ったので、賞がとれなくてもいいと思っていたけど、やはり、結果をきいて少し残念だし、可愛そうな気もした。

それでも、大学の外の一般のところで学生達が一生懸命頑張り努力する姿を見ることができたのは その日のとても楽しいひとときでもあった。 それで、上記の 1.の学生には技能賞(Technical Excellence Award)、2.の学生には敢闘賞(Fighting Spirit Award)、 3.の学生には殊勲賞(Outstanding Performance Award)を私なりにあげることにした。

Thursday, January 28, 2010

2010, the Year of the Tiger

Happy New Year !

What is the difference between a zebra and a Siberian Tiger?

It's the color in my origami world. (See the zebra photo below.)


National Geographic Daily Dozen:

I created a pair of tigers using origami paper designed for zebras.

Someone said, "Look like zebras".

I said, "Rats!".

And, I decided to color the tigers in light orange. Wow, wow, wow! (Two too many "wow's".) They now look like a pair of Siberian tigers.

Then, I said, "Not bad!".

And, I uploaded the photo to National Geographic Daily Dozen. And I am happy to report the photo was selected in the daily dozen in the week 2 of January 2010 on ngm.com.


Webaperture.com:

I posted the photo on webaperture.com to share with WebAp friends.
Several members wrote encouraging words for me.
Among them was this exchange of comments with a member I have known for several years.

Dr. D:
"..., terrific origami, I am particularly partial since I was born in the year of the tiger!
I wish you all the best for 2010! Happy New Year! "

I:
"Thank you, Doc.
...so you are also a tiger-born..., then, you know you are courageous, but also short-tempered, stubborn, and slightly mean???”

Dr. D:
"Ha ha Nobi, You forgot fiercely loyal,
and probably we hold a grudge,
and you got it, stubborn, more than mean!
Love this and hope to see more from you...
...by the way, I went to Japan in November this year, I loved Hakuba!"

She has such humor. By the way, in real life Dr. D is a medical doctor at MD Anderson Cancer Center. She is a wonderful person as well as is a well-known and very respected scientist in the cancer research field. Photography is her hobby, and her photography is a thing of beauty. She often travels abroad including Japan for medical conferences. She has brought back many beautiful photos she took while in Japan. One of the photo I vividly remember is of Japanese macaques soaking in the hot spring in Zigokudani. This monkey park is a place I would love to go and take photos of these Japanese snow monkeys.
To photograph them, I have to make a trip in winter and I have not yet had the chance do so. I told her a while back that when she goes to Japan, I would go photo shooting with her. But this has not happened so far.

The zebra photo is below the Japanese version. The pair of origami zebras are made using the same paper. A correction may be due that it's not only the color but also the shape... ha.


* * * * * * * * * * * * * * *


とらの年
ハッピー・ニューイヤー!

虎としま馬の違いは何かというと、色だった。
しま馬用の折り紙で虎を折ってみたら それは ”しま馬だよね" と言われた。
こんちきしょうめ!っと思った。それで、オレンジ色に軽く塗ってみたらシベリア虎になった。

ナショナルジオグラフィック ・デイリーダース:

これならちょっといけるなと思ったので、National Geographic の Daily Dozen というのにアップロードしてみた。そしたら、2010年一月第二週のデイリーダースの一つに選ばれた。 しま馬トラ君がトラとして認められたので嬉しかった。近頃、写真というものはそんなことで小さい喜びを感じさてくれる。

Webaperture.com

同じ写真を Webaperture.comというフォトサイトにアップロードした。このサイトは素人の写真愛好者の集まるところで、お互いに写真をコメントや批評したりする。そこで数人の写真の友が色いろコメントしてくれたが、その中でとら年生まれのことでこの様な会話のやり取りをした。

Dr. Donna: 
とてもいいじゃん。私も寅年の生まれなのでこの写真には特に興味をわかせられた。
ハッピーニュウイヤー!2010もいい年でありますように。

俺:
サンキュウ、Donnaさん。いつもコメントありがとう。
とら年うまれだって?じゃ、Donnaさんは勇気のある人だけど、少し短期で、少し頑固で、ちょっと意地悪なんだっていうことだよね。 

Dr. Donna:
ハ、ハ、ハ、ノビさん、
  それに、私たちは忠義心が強いのよ。
  それと、恨みを持つかもね。
  でも、意地悪だっていうより そうだね、わりと頑固なんだっていうのは確かだわ。

  このトラの写真はとてもいい。もっとこの様なのをアップロードしたら?
  ところで、この前の十一月に日本へいってきたけど、
  白馬っていうところはとてもよかった。気に入ったよ。

俺:
  忠義心がある人は本当にいいよ。姉も寅年でそのとうりだよ。

ところで、DonnaさんはアメリカのM.D.Andersonと云う癌研究所の医学者でもあり、テキサス大学の教授としても活躍している名のある人物なのだ。写真は趣味でやっているが専門家のような腕のある人である。海外へは日本を含めて医学の会議なのでよく行くようだ。仕事の合間によく写真を撮りに出かける。Donnaさんの地獄谷で撮った日本猿の写真はとても印象に残っている。それで、そこへは是非行ってそこの日本猿の写真を撮りたいと思っているが、いまだにその機会がない。猿たちは冬に山から降りてきてそこの温泉あたりで過ごすのだから冬に行かなければならないのだ。まあ来年の冬には行けるかも知れない。

この写真は同じ折り紙を使って折ったしま馬だけど、ただ色が違うっていうだけじゃなくて、まあ実際は折り方も違うと訂正しておこう。