Tuesday, September 8, 2009

アサガオ - 朝の祈り (Morning Prayer)

アサガオ(朝顔)の花ことばには愛情、平静、愛情の絆、約束などといろいろあるが、”明日もさわやかに”、”短い愛”、”はかない恋” というのもある。
朝顔の花は毎日 朝早く咲いて、色がとても新鮮でとてもすがすがしい感じをあたえてくれる。 それで花ことばの一つである、”明日もさわやかに” というのは適していると思う。 

俺は子供のころからアサガオが好きだった。 日本の家は今とちがって都会でも竹でできている低い垣根があった。 いわゆる英語でいうピケットフェンス(Picket Fence)のようなものであった。 アサガオはよくこの様な垣根に巻き上りながら花を咲かせていた。 夏にはいつも色とりどりのきれいなアサガオの花がいつも出迎えてくれた。 それにその葉っぱを左手の親指と人指し指でつくった輪の上に載せて右手で上からたたくと”ポン”といい音をだす遊びもしていた。 そんな子供のころの想い出があるからであろう、大人になった今でもアサガオが好きだ。 春には種をまき育つのをいつも楽しみにしている。 今は写真にこっているのできれいなアサガオの花が咲くのが待ち遠しい。 マクロレンズでアサガオの花の写真をとるのが楽しい。 ここらでは夏には雨はあまり降らないので時には人工の霧を吹いて雨が降ったあとのような雰囲気を作って写真を撮ることもある。 アサガオには蜜はあまりないと思うのだがアリがよく花の中に入ったり出たりしている。 ”アサガオとアリ” というおとぎ話や子供話はないが、アリがはいっているアサガオの写真を撮る時にそんな話があるべきだとよく思う。 それで、そんな写真を ”アサガオとアリ” 題して写真コンテストにだすこともある。 とにかく、アサガオは色々な喜びを俺に持たらしてくれる。

 
Morning Prayer

さて、アサガオの花は朝早く咲いて昼ごろにはつぼんでしまいその花はもうそれで終わりになる。 それは普通のことなので別に ”はかない” ものであるとは思わなかった。 でもアサガオの花ことばに ”短い愛” とか ”はかない恋” と言うのを誰かがつけたようだ。 ”愛”とか”恋” という言葉はきれいな可憐な花にならどれにでも言えると思うので、これらの花ことばはアサガオにはあまりピンとこない。 アサガオの写真をコンテストにだすとき ”朝の祈り” とか ”今日の約束” とか ”明日への希望” と題するアサガオの写真もあった。 ”明日もさわやかに” を含めてこの三つの言葉 ”朝の祈り”、”今日の約束”、”明日への希望” もアサガオの花ことばにしたい。

No comments:

Post a Comment