Saturday, October 31, 2009

Halloween - ハロウィン

(Note: It's nothing unusual for Japanese people to imitate Western customs and cultural activities. In fact, they are good at doing those things. Halloween has also become yearly activity in Japan, especially in large cities like Tokyo. When I was growing up, there was no such things as Halloween. This blog describes children's Halloween activity in America as I observed how children were looking forward to this day and having so much fun preparing their costume for Halloween night.)


It's Halloween.
It's the night of Ghosts and Goblins for thrill seekers.
It's the night of candies, chocolate bars, and toys for children.
It's the night for shooting Ghosts and Goblins, and Trick 'r Treaters for me.


ハロウィン ナイト

アメリカでは10月31日はハロウィンである。近所の庭にはハロウィンに関する色々な飾り物や仕組みが置かれたり飾られたりしている。
子供達はお化けを装ったり悪党の覆面をかぶったり、またはコミックのヒーローになったりして近所の家を回って戸をたたき、家の人がドアを開けると 「トリック・オア・トリート」(Trick or Treat!)と言って持ってきた袋をつきだす。そうすると、家の人はキャンデーやらチョコレートやらまたは小さな玩具など子供達が喜ぶ物を袋にいれてあげる。子供達は次の家に行って同じこと繰り返す。そんなことを一時間余りやって家に帰る。家に帰った子供達はその夜もらったキャンデーや玩具を床の上にならべてその夜の収穫を数えてハロウィンの夜を楽しむ。子供達にとってはクリスマスと同様一年に一度にくる楽しい行事である。




私は子供達に混ざって近所を回るが袋は持っていかない。なにを持っているかというとカメラだ。楽しんでいる子供達の様子や庭のデコレーションにカメラをむける。私にとってもちょっと楽しい時間になる。






Saturday, October 10, 2009

Morning Person



5:41 a.m.

6:08 a.m.

Often you hear in a casual conversation that people say "I'm a Morning Person" or "I'm not a Morning Person". I can not think of a good translation of this phrase in Japanese. It can be translated to "Asa no hito" (朝のひと, a direct translation of "morning person") or "Asa gata no hito" (”朝型のひと”, "morning type" person). These two words in Japanese do not fully describe the phrase. "Morning Person" is a person who has no trouble getting up early and is alert, active, efficient, and productive in the early part of the morning.

I am not a "Morning Person". I can be wide-awake early or predawn hours but I just cannot get myself moving and be active and productive. But when I have to catch an airplane at 7:00 a.m., I have no trouble getting up and catch that airplane. Or, when I am on a photo vacation and only time I can get a great shot of a sunrise, I will get up and go. It is a matter of importance and priority.

To shoot these sunrise photos, I got up around 3:00 a.m., and got ready for a van ride to go up to the mountain. It was well worth getting up early.



こちらでは よく ”モーニングパーソンだ” とか "モーニングパーソンではない” という会話を耳にする。
英語の Monring Person は ”朝の人” とか ”朝型のひと” とも訳せるがちょっとしっくりしない。 この言葉は外来語として扱ってもいいのではないだろうか。

モーニングパーソンというのは朝早く起きてすぐに精神的に機敏で仕事や運動や勉強やらに集中できて高能率に物事を果たせる人をいう。 私は朝起きてすぐには物事に集中できるタイプではない。 だから、モーニングパーソンではないと言える。 でも、山頂でこれぞと無いきれいな日の出の写真をとるには朝早く起きて山に行かなかければならない。そのような動機がある場合にはいつでもモーニングパーソンになれる。 人間の行動というものはそんなように何をするかまたはできるかは結局物の重要さが人にどのような動機を持たらすかに依るようだ。

ここに載せた写真はマウイのハレアカラという山頂(休火山、標高3055メートル)で撮ったものだが、その朝は三時ごろに起きてハレアカラの山頂に行かなければならなかった。 その時は私も早くから精神的に機敏で何でもやれるような状態になって居た。 でも、それは本当の意味でのモーニングパーソンではない。本当のモーニングパーソンは習慣で毎朝早起きして仕事やら勉強やら運動する人のことを言う。


Friday, October 2, 2009

アルマジロのはなし

(This is the Japanese version of "Origami Series: A for Armadillo",
not a translated version, simply another version written in Japanese.)


アルマジロとは: 

英語の Armadillo は日本語でアルマジロと発音される テキサスの友達が一度アルマジロはテキサスの七面鳥だと言った。七面鳥は英語でturkey(ターキー)というが、この言葉は、時にはアメリカ英語の俗語として“バカな奴”とか”間抜野朗”を意味する。アルマジロにはちょっと可愛そうな表現だがその外見、様相、それに行動ががそう見せるのであろう。

アルマジロは南米産の哺乳類の動物である。夜行性なので夜中に庭に食べ物をよく探しにくる。目はあまり良くないが嗅覚がするどいらしい。大好物の地虫を鼻で嗅ぎつけ前足のするどい爪で穴をほり餌食をつきとめる。地虫は芝や植物に被害をあたえるのでアルマジロは有益動物と云えるが、庭にいくつもの穴を毎夜掘るのでそれは迷惑な行為だが、有害動物とは云えないであろう。


本物のアルマジロを見たがっていた日本から来た四年生:

2,3年前頃、当地の小学校でメンター(mentor, いわゆる、指導者)をやっている時、四年生の生徒を指導していた。その生徒は日本からきた家族の一員で、父親がエンジニアで日本から当地へ派遣されて来た人たちだった。その女の子はそれまで英語をぜんぜん話したことがなかった。それなのに、こっちへ来ていきなりアメリカの小学校に行くことになって、学校生活は毎日の戸惑いの続きであった。それで私の役目は英語を教えたり、色々な科目の勉強や宿題を手伝ったりすることであった。特に、より速くアメリカでの学校生活に慣れるように指導することだった。始めは色々な日本のことや遊びなどして、気楽にさせることに時間をすごした。そのうち、音楽の先生がこの生徒はピアノの勉強を日本でしていたということを聞いて音楽の時間にはピアノを弾かせたり、歌を一緒に歌ったりさせてよく面倒をみてくれるようにもなった。そして、その様に他の先生達も彼女が楽しい学校生活ができるように世話をしてくれた。話を短くするが、その生徒の一年間の英語や他の科目の上達はすごいものであった。その年の終わりには英語のクラスで短篇ストーリーを書く課題があって、それも見事に果たした。全生徒の本は印刷屋で本物の本として印刷されて表紙もつけられた。私もその生徒の本の一冊を記念物としてもらうことができて嬉しかった。その本は今でも書斎の本棚にある。

ところで、その生徒はいつも本物の生きているアルマジロを見たいといっていた。ちょっと悲しいが、アルマジロは夜行性なので普通みられるのは夜中に高速道路で車にはねられて死んでいるものばかりだった。それで一匹捕まえてみよう思った。でも、アルマジロは、やはり”バカ”ではなかったようだ。そう簡単に罠にはかからない。それで、もし捕まえることができなだった場合にはクラスの生徒みんなに折り紙のアルマジロを作ってあげることを約束した。どっちであっても、その子はそれを楽しみにしてくれたようだった。


オリガミアルマジロ:

罠は金網で作られたもので、どっちかというと大きめなネズミを捕まえる罠のようなもであった。アルマジロは臆病者なのでその籠にはなかなか入らない。餌も色々使ってみたが、何もお気に入りではなかったようだ。結局アルマジロは罠にはかからなかった。
ところで、アメリカの学校は九月に新学期がはじまって、五月の半ばごろで終りになる。夏休みは三ヶ月もある。日本の子供達にとっては、この学期制はちょっと贅沢に思われるのではないだろうか。それで、四月の終りごろのある日オリガミで二十五個ほどのアルマジロを作って箱に入れて学校へ持っていった。それをその生徒が見た時、" ワー、先生はオリガミの名人だ!” と言ってくれた。その言葉を聞いて私はアルマジロを捕まえようとしたり、時間をかけてオリガミアルマジロを作ったりした苦労の甲斐があったような気がした。生徒はよろこんでその箱を持ってクラスの方へスキップしながら行った。

二年目には、その生徒は一人立ちで 学校も楽しみ、勉強もよくできるようになっていた。その年の終わりには父親も当地での仕事を終えて家族みんなで日本へ帰って行った。

Wednesday, September 30, 2009

Origami Series: "A for Armadillo"


Texas Armadillos

One of my Texas friends referred to armadillos as Texas turkeys. The word "turkey" often used to refer to someone who lacks smartness, i.e. a dumb person. I suppose armadillos are referred to as turkey for their appearance and slowness. In defense of armadillos their eye sight is very poor but their sense of smell is very sharp.

I had never seen armadillos until I came to Texas. The first sight of an armadillo are usually seen by Texas visitors on highways as road kill (dead ones, hit by speeding cars). Armadillos are nocturnal animals. They come out sometimes in the evening hours to hunt for food, but most of them are active in midnight hours. Using their strong sense of smell, they can find their favorite bugs and worms in the ground. They also have the sharpest claws on their front paws. I know armadillos have visited my yard during the night because of several freshly dug holes. The holes are usually about 10cm in diameter and 10cm to 20 cm in depth. Their favorite food is grub worms. Holes in the yard are something I don't want, but because they eat these harmful worms, it may be said armadillos are one of the beneficial creatures. They don't do any harm to anyone other than digging holes on the lawns.

====================

A Foreign Student Who Wanted A Live Armadillo


A few years ago, when working as a mentor in the local elementary school, I worked with a 4th grade Japanese student who had just come to the United States with her family. Her dad was an electrical engineer and was here for a 3-year assignment to work with their American counterpart of the company in this town. The student had never spoken English language before she came here, and was abruptly thrown into the American education system. My job as a mentor was to work with her to learn English, help with school work, help to make friends, and most importantly help her to get accustomed to the American way of school life. She was a very sharp person and her improvement in English and school work was phenomenal during the year. By the end of the school year, she was able to write a short story in English for her assignment. Her teacher was absolutely wonderful in the way she did everything she could to help her do well in the school. Needless to say it was her idea that I come to school to help her. Every student's book was professionally bound. A copy of her book has found a place on my bookshelf ever since.

No Armadillo, A Boxful of Origami Armadillos


She was very interested in seeing a real live armadillo. The ones she has seen were those on the highway, the dead ones. So, I tried to capture one during the night by setting up a trap. Obviously, armadillos are not so dumb. I was never able to catch one. But I knew how to make Origami Armadillos. So, I told her if I could not catch a live one by the end of school year, I would make origami armadillos for everyone in her class.

One day before the school year was to end, I made a boxful of origami armadillos. When she saw the box with many origami armadillos in it, she was very happy and said, "you are an Origami Master!". She took the box of armadillos and happily went to her class. Her dad finished his work by the end of their 2nd year and soon after, they went back to their home in Japan.

Friday, September 11, 2009

Morning Glory - "Hope for Tomorrow"

(English version of September 08 Blog "Morning Glory")
 

Affection, devotion, tranquility are some of the words used to symbolize Morning Glory Flowers. These words are so-called Flower Phrases. Flower Phrases are words that describe the meaning of flowers. For example, "love" and "passion" are flower phrases that are always associated with red roses. Flower phrases are some times referenced and sent along with flowers when you are giving or sending as gift to your special friend or to someone you love. Among other flower phrases for Morning Glory are "short-lived love" and "fragile love". More on these phrases later.


Morning Glory has been one of my favorite summer flowers since I was at young age. When I was growing up in the suburbs of Tokyo (Japan), houses had picket fences that were made of sturdy bamboo plant. Morning glory vines were climbing on these fences, and flowers were blooming all over on top of them displaying showy colors. We, kids, used to pick leaves to pop them on our hands making good popping sound. It does not sound that much of a fun game, but these are some of my fond memories of my childhood. Probably because of memories of my childhood, I still love Morning Glory.  I usually plant seeds in late spring.  Flowers bloom throughout the summer and continue to bloom into the mid-fall season.


I am into photography. One of my favorite photography is to take floral macro images.  Needless to say, I cannot wait for morning glory flowers to bloom every summer.  Also, I love flowers with raindrops on them.  But rainy days are rare here in this area, the heart of Texas during the summer months. So, sometimes, I spray water mist on the flowers to simulate raindrops or morning dews on them.  I did not think morning glory flowers produce much honey but quite often I see ants crawling in and out of flowers.  Sometimes, honey bees and bumble bees go in to gather honey. "Ant and Morning Glory" may not be among fairy tales or children's stories, but I think there ought to be one.  I have titled such photos "Ant and Morning Glory" and enter them in photo contests.  One such contest entry has once earned a second place.


Morning glory blooms early in the morning and closes by the time the heat of the summer day reaches the highest.  It may be the reason for such flower phrases as "short-lived love" and "fragile love".  But to me, it's simply normal to bloom early and close early and start over the next morning, and therefore, it has never given me an impression of "short-lived" nor "fragile" anything.  I have titled some photos as "Morning Prayer", "Today's Promise", and "Hope for Tomorrow".  In my opinion, these phrases fit more appropriately to express Morning Glory flowers. So, I make these phrases as my own flower phrases for Morning Glory.

Tuesday, September 8, 2009

アサガオ - 朝の祈り (Morning Prayer)

アサガオ(朝顔)の花ことばには愛情、平静、愛情の絆、約束などといろいろあるが、”明日もさわやかに”、”短い愛”、”はかない恋” というのもある。
朝顔の花は毎日 朝早く咲いて、色がとても新鮮でとてもすがすがしい感じをあたえてくれる。 それで花ことばの一つである、”明日もさわやかに” というのは適していると思う。 

俺は子供のころからアサガオが好きだった。 日本の家は今とちがって都会でも竹でできている低い垣根があった。 いわゆる英語でいうピケットフェンス(Picket Fence)のようなものであった。 アサガオはよくこの様な垣根に巻き上りながら花を咲かせていた。 夏にはいつも色とりどりのきれいなアサガオの花がいつも出迎えてくれた。 それにその葉っぱを左手の親指と人指し指でつくった輪の上に載せて右手で上からたたくと”ポン”といい音をだす遊びもしていた。 そんな子供のころの想い出があるからであろう、大人になった今でもアサガオが好きだ。 春には種をまき育つのをいつも楽しみにしている。 今は写真にこっているのできれいなアサガオの花が咲くのが待ち遠しい。 マクロレンズでアサガオの花の写真をとるのが楽しい。 ここらでは夏には雨はあまり降らないので時には人工の霧を吹いて雨が降ったあとのような雰囲気を作って写真を撮ることもある。 アサガオには蜜はあまりないと思うのだがアリがよく花の中に入ったり出たりしている。 ”アサガオとアリ” というおとぎ話や子供話はないが、アリがはいっているアサガオの写真を撮る時にそんな話があるべきだとよく思う。 それで、そんな写真を ”アサガオとアリ” 題して写真コンテストにだすこともある。 とにかく、アサガオは色々な喜びを俺に持たらしてくれる。

 
Morning Prayer

さて、アサガオの花は朝早く咲いて昼ごろにはつぼんでしまいその花はもうそれで終わりになる。 それは普通のことなので別に ”はかない” ものであるとは思わなかった。 でもアサガオの花ことばに ”短い愛” とか ”はかない恋” と言うのを誰かがつけたようだ。 ”愛”とか”恋” という言葉はきれいな可憐な花にならどれにでも言えると思うので、これらの花ことばはアサガオにはあまりピンとこない。 アサガオの写真をコンテストにだすとき ”朝の祈り” とか ”今日の約束” とか ”明日への希望” と題するアサガオの写真もあった。 ”明日もさわやかに” を含めてこの三つの言葉 ”朝の祈り”、”今日の約束”、”明日への希望” もアサガオの花ことばにしたい。

Sunday, August 30, 2009

Foreign Words in Japan: "Ara-Fo" and "アラフォー"

Japanese has adopted many foreign words in their language ever since foreign nations began to visit the country.

The most recent foreign word that has become a fad word is "Ara-Fo". The word originated in the English word "Around-Forty" and was shortened to "Ara-Fo". Many foreign words are shortened and simplified. Obviously, shortened words are lots easier to use. However, I should point out that some foreign words sometimes lose the original meaning and are used the way they think they mean or what they want them to mean. Therefore, some words are invented instead of adopted.

What does "Ara-Fo" mean?
It is about women around 40 years of age who are unmarried, have established their career in the field, very confident and independent, and yet they have begun to feel uncertainties in their life. They are reaching the age where "career over marriage" or "marriage over career" is being questioned and for some women it has become the root of psychological issues. It can be an individual problem as well as social issues.
In recent months, "Ara-Fo" has become the theme of TV dramas and the subject of discussions on current issues, current events, and similar News Programs.

For me, it was something I could not relate to in my own life nor my own family life. However, I received an email from my brother a while ago. He wrote that one of his family members has been in "Ara-Fo" stage for a while. This person loves her profession, has enjoyed her freedom, and never considered settling down. The subject of marriage has never drawn her interest in the past.

There are many Japanese made foreign words in the Japanese language. Teaching this type of word is fun and fairy easy. Students are interested in how the words are pronounced, altered, and used in Japanese language. Most of the time, words have the original meaning, only different in pronunciation, and students can relate to them fairly easily.

I am not very fond of freely adopting foreign words in Japanese language without limit. It's because, in my own strong opinion, free use of foreign words corrupts the quality of the language. I think it can be said in any language, not just Japanese language. For example, in Texas there is "Tex-Mex". Texas being the neighboring state of Mexico, people of the two countries have frequent contact with with each other. Those Mexican nationals have started speaking mixed language of Spanish and English over the years. This is called "Tex-Mex" language. For the purist of Spanish language, it has become a very ugly language.



The photo from a TV drama series "Around Forty".


アラフォー

日本では外国語を取り入れる傾向が昔からあった。いわゆる外来語というものである。現代では取り入れると言うより外国語を基にして日本人なりに合う新しい言葉を発明することがよくある。今日はそんな一つの言葉を取り上げて少し考えてみることにした。

最近 ”アラフォー” と言うはやり(流行)言葉がある。”アラフォー” は いわゆる英語の ”Around Forty" からきたもので、40歳前後の結婚しない女性が強がっていながら、将来に不安や悩みを持ち、結婚しない或は出来ないコンプレックスを感じている年代の女性達を意味する。それは個人的な問題でもあり、また社会的な問題でもあるので最近現代ニュースやらドラマの話題になっている。

この年代の女性は昔とちがってウーマンズリブをもうとっくに乗越えていて、日本のハイテク企業発展、経済発展の世界化の影響で女性の独立心がとても強い年代に生きてきたのである。それで、仕事に誇りや生涯の目的を感じていて、結婚して家庭に落ち着くということはあまり考えていない間に40歳ちかくになっているのに気がつき始めることになる。それで、周囲、家族や友達からの圧力や影響もあって結婚か仕事かの選択のジレンマを感じはじめるらしい。

俺は今までそれは他人のことであって身近には感じていなかったが、この前、兄貴から一通のメールがきて彼の家族の一員がその年代の典型的な状況にいたことを新たに知らされた。家族も友達もみんなその女性の結婚はもうあきらめていたようだ。そんな時なんと彼女が半年まえごろから知り合っていた男性に好意を感じはじめ、最近その人となら人生を共にすることができるという決意をしたそうだ。それは奇跡だったかのように家族も周囲の人達もみんな大喜びだった。今はその女性は結婚式も無事に終えて新しい幸せな生活をはじめているそうだ。

日本語を教えているときにこのような日本人が使う外国語にしばしば出会う。これらの言葉を教えることは面白いし比較的やさしいが、俺としてはこの様に”格好いい”と思われているが実際は日本人による どちらかというと時にはデタラメと言うかメチャクチャな外国語の使い方にはあまり賛成できない。どうしてかと言うと、それは俺としては、自由自在に、理由無く、根拠無く、限りなく、外国語を日本語に取り入れることは日本語の質をかなり悪化させると思うからである。

Saturday, August 15, 2009

A Stray Cat - 野良猫のはなし


Not far from my house, there is a 5-kilometer hiking trail. I used to go jogging there, but now, more often than not, I just go for walking. It was an early spring day. North wind was still stirring and I was feeling the cold air inside through my windbreaker. But trees and plants are waking up from their dormant state of winter months. While on the trail, I thought I saw a white cat ran across the trail, and hid behind the bush. By the time I got to that point, the cat was nowhere to be seen. Was it my imagination or an illusion?

Daffodils and tulips were starting to raise their heads in chilly air in the park. Some cats seem to love flowers just like us, people. I have seen some of them stop and smell the flowers. I often wonder what they are thinking. Are they enjoying the fragrance of flowers, or simply just looking for something to eat? Or, simply thinking of marking the territory?... I won't know unless I speak their language and ask.

+ + + + + + + +

After getting home, I picked up origami paper. I wanted to create a simple story of that stray cat and cat's behavior about the flowers. I made a small cat and a couple tulip flowers. I used white background to symbolize the winter scene in the woods, but somehow it came out like a spring day. What a difference the red and green colors make. The colors are also added to the timid looking, and yet mischievous cat's eyes to reflect the colors of the flower. The missing petal of the flower tells the story.

Nature is, in great part, the inspiration for artists and music composers. Imagine a scene where Beethoven was taking a walk in the woods when he heard a bird sing, "chee, chee, chee, chie, ...". At that point he rushed back to his studio, and he simply picked up a pen and wrote those initial four notes of the well known Symphony No. 5 in C minor.

Some day, I may create something as big as his music.., may be NOT,... but as always, being in Nature makes feeling great about life. Nature is the source of inspiration, energy, and hope.



野良猫 - A Stray Cat

家の近くに5キロぐらいのハイキングコース(Hiking Trail)がる。 前はそこへよくジョッギングしに行っていたが、今はもうジョッギングをする意欲はなくなっているようだ。でも、しばしば ウオーキングには行く。 ウオーキングというのは運動のためにするもであって散歩とはちがってある程度のスピードを保って速歩きをするのである。

まだ肌寒い早春のある日であった。 いつものようにウォーキングに行った。その途中、十すうメートルぐらい先に白っぽい猫が道を横ぎったのを見た。 猫をここで見るのはあまりない。良く見るのは当地のホワイトテール(White tail)というあまり大きくない鹿や、それにテキサスのアルマジロとかフクロねずみのような動物ぐらいである。 猫は滅多にあらわれない。 それで、そいつにちょっと声をかけてやろうと思って急いで猫が横ぎったあたりに歩いていった。 だが、そいつはもうそこにはいなかった。

このハイキングコースの入り口には公園がある。 そのあたりでは、もう水仙とかチュウリップが頭をだし始めている。 それは長い冬もそろそろ終りで暖かい春がもう近くにやって来ているという知らせなのである。 猫というのは 時には おかしなもので人間のように花の匂いを嗅ぐのが好きなようだ。もちろん、あらゆる猫がそうするいうわけではない。ただ、 公園とか庭先で猫がわざわざ花のあるとこの方へ歩いて花の匂いを嗅いでいるのよくみる。 果たして猫は本当に花の匂いが好きだからそうするのか、それとも食べ物にするものを探しているだけのことなのかは分からない。でも、犬のように小便するところを探しているのではないのは確かだと思いたい。

その猫の姿はもう見当たらなかったが、そいつは俺にそんな”猫と花”のことを思い出させてくれた。それで、家に帰って、オリガミを取り出してこんな猫とチュウリップの絵物語を作ってみた。写真や絵や音楽などをつくらせるインスピレーションは多くの場合はそんなヒョンなところから湧いてくることがよくある。 ベートーベンの第五の始めのあの四つの音符は多分ベートーベンが森で散歩しているときに鳥が ”チ、チ、チ、チ...”と鳴いたのを聞いたのがきっかけになった、ということが本当じゃないかと思う時がよくある。

Sunday, August 9, 2009

うれし涙 ― Tears of Joy.


This blog is about a student to whom I taught Intermediate Japanese during short seven weeks during this summer. She was a new high school graduate preparing to go to college in the fall. But she needed to complete one more foreign language course. The blog is written in Japanese for Japanese audience. The English version turned out rather boring, and I decided not to post it this time. (photo: Mozart Coffee on Lake Austin; my favorite place to hang out alone or meeting with students and friends.)


この夏は二人の特別な学生に日本語を教えていた。一人は 当地のハイテク企業で働いている若い優秀なICデザインエンジニアだ。彼は日本語や日本文化にとても興味をもっているなかなかいい若者である。この春学期には当地のコミュニテイ-大学で日本語の勉強をしていた。その時に彼と知り合って夏になって俺のところにきて日本語の勉強を続けたいので是非教えてくれと頼んできた。この学生については別のブログとして描く機会があると思うので、今回はもう一人の学生について描いてみる。

もう一人の学生は高校を卒業したばかりの女子学生であった。だが、彼女は正式に高校を卒業するのにもう一つの外国語の科目を必要としていた。それで、当地の大学の日本語クラスに行くつもりであったが、その大学の先生に話したところ俺のところに来て日本語IIの勉強して、そのコースの資格試験を取れと言われたそうだ。そしてその大学の教授に薦められて俺のところにきた。そんなわけで 俺はその学生に日本語IIの集中講座を七週間に渡って教えることになった。彼女は日本語の勉強が大好きだという、とても頭の良い熱心な学生だった。

さて、七週間後にはそのクラスの資格テストを大学で受けて合格しなければこの夏の努力は彼女にとっては台無しになるのであった。それで、俺も相当の責任感を感じていた。誰にとってもそうだが、外国語を習うということは何語であってもそんなに容易なことではない。まあ、語彙をよく覚えたとしても文法になると日本語はとても難しい。例えば助詞を自由自在に使えるまでには相当の時間が要る。動詞の活用もすごく難しい。それに英語と違って日本語は形容詞も活用する。これらのことが解らないければ日本語の文章は読めないし話すこともできない。さらに、日本語IIのカリキュラムには丁寧形や普通形の使用方も入っている。そんなことを七週間で若い学生が習得することは可能なのだろうか。

七週間といっても一日に2時間、一週に2回、合計28時間である。大学の夏季講座では6週間、一週に4日、1日の授業は3時間半、合計80時間余りなのである。頭がいいと言っても高校を終えたばかりの年頃であるから、時には考え方がしっくりいかないところもある。でも、今更グチをこぼすわけにはいかない。あの教授の信頼を損なうことはできない。俺はやると引き受けたからにはやりとうすにすぎない。

一応カリキュラムを教えたあと、最後の一週間半はテストに向けていろいろ問題や質問を作ってその学生にやらせることにした。時には考えもたつかない答えが出てくる。お互いに笑ったり途方に暮れたりする日が続いた。一瞬とても心配な気持ちに襲われた。それで、その大学の教授に連絡してテストに関するヒント等をいただいた。そして、最後の二日間には2、3の模擬テストをつくって、彼女に続けてやらせた。そのお陰(かげ)で良い効果がでるようになった。もう大丈夫だと思うようになった。今の彼女は100点は取れないが合格点はとれる。最後の勉強の日が終わった。彼女は次の日にテストを受ける予定になっていた。彼女の心の中は勿論心配で一杯だったようだ。それで、その日の夜 携帯で次のようなメッセージを送った。”心配するな。今夜はぐっすり眠って、明日は精一杯やればおまえはテストに受かる。”

さて、次の日の午後 彼女から電話がかかってきた。彼女は泣いていた。俺は一瞬 ゾクッ として氷をあびるような気がした。だが、まてよ、彼女の声は失望のものではなかった。それは、喜びの涙だったのだ。良くやった!彼女はは予想以外な点をとって堂々とその資格試験に合格した。今や念願の大学へ行けることになった。電話をきったあともずっと嬉し涙があふれていたようだ。

Tuesday, August 4, 2009

謎の微笑み - Your Shot, 101 Best Photos

俺にはいい事があると云うことは滅多にない。それが何故であろうかということはまた別の話になるが、最近なんかすごくいいことがあった。
ナショナルジオグラフィックという雑誌も日本でも知られていると思うが、六月にそのアメリカ版の出版社が”Your Shot"と題する特別集を発行することにした。その特別集には一般から投稿された何十万の写真のなから101まいの写真が選ばれて載るこのになったそうだ。それで、驚くことにその101枚の一つに俺の写真が選ばれることになったと四月の終わりころに聞いた。でも、それは本当であるかどうかはその本が出版されるまでは全然分からなかった。六月の終わりごろになってもその本は本屋の店頭に見られなかった。それで、ナショナルジオグラフィックに通じている二人の人物にメールをしてみたところ、彼等はその本は七月の始めごろ本屋の店頭にでるだろうと返事をしてくれた。それに、俺の写真も載っていると言っているようだった。そのニュースはとても嬉しかったが、それと同時に信じられない気持ちのほうが強くすごく不安な気持ちにも襲われた。それはナショナルジオグラフィックに自分の写真が載るということがどれ程大きいことのかと云う意味があるからだ。
七月の二週めごろ昼飯の後本屋に立ち寄る機会があったので、その本を探しにいった。
”あった、本があった!!” 
さて、俺の写真は載っているのか?
パラパラと本を素早くめくってみたが、俺の写真はなさそうだった。
”やっぱり、駄目だったか” と思った。
それで、今度はその101枚の写真を見るためにゆっくりページをめくっていった。それでも、俺の写真は見当たらなかった。そして、三回目にもう一度はじめから見なおしてみた。そうしたら、驚き、”あった、あった!!!”。俺の写真は一番始めの表題の見開きページに載っていた。

そんなことが俺にも最近あった。 謎の微笑みだった。。。




It Takes Two to Tango:

I believe National Geographic Magazine is also well known in Japan, as it is a worldwide publication. I wanted to share an event that relates to one of my photographs and the magazine.
Around the end of April, I heard that one of my photos is going to be published in the Special Edition of National Geographic Magazine in June. The book is a collection of photos titled as “Your Shot”. 101 photos are to be selected out of those that have been submitted by amateur and professional photographers during the last 3 years. The number of submitted photos is something like 300,000.
I could hardly wait to get the book to see whether my photo is truly included in the collection. Near the end of June came, and I still did not see the special edition in the bookstore. I emailed to a couple of people who are connected to the publisher asking about the publication. I received a reply in which they said the book should be out in July.

I went to Barnes and Noble to look for the book around the 2nd week of July. I found the book. Wow! my photo, a photo of a pair of morning glory, that I titled as “It Takes Two to Tango” was printed in the title page right in the beginning. It was a two-page spread. Incredible. It was just 4 years ago; I bought my first Digital Camera and began shooting digital photos. I had so much trouble getting the exposure, clarity, and composition correctly. I still have the same problem. This photo of Red Morning Glory flowers is shot about two years ago. I submitted the photo in Betterphoto.com monthly photo contest, but it did not come close to winning.

This event has taught me the lesson, “Never say good thing never happens”.
Let’s Tango!!!

! - ブログをはじめた日

俺も結局やってみることにした。

俺は長いこと当地アメリカテキサスに住んでいる一人の日本人。日本へは2,3年に一度ぐらいもどるだけになっている。
今年のテキサスはもう五月ごろから暑くて雨が降らないひどい夏になっている。当地の湖は今六十フィート(20メートルぐらいだろう)ほど下がっていてモーターボートや水上スキーなどにはふさわしくないというか、もはや危険な状態になっている。農業や畜産業は悲惨な目にあっている。
このブログを始めたのはそんなある夏の日であった。

長く続ずかはわからないが、すこし頑張ってみることにした。


Well, I am finally joining the generation of bloggers.
A Japanese living in Texas for many years now. I travel back to Japan about once in a couple of years.
Here in Texas, extreme hot summer is not unusual. But on-going extreme heat and almost no rainfalls have resulted in drought for a couple of years. So far this summer, a record breaking 100+ degrees (Fahrenheit) weather is continuing. Our lake level is so low that boating is no longer a safe recreation for skiing and fishing, and even for windsurfing.
I am starting this blog on one of these hot summer days.
Hope to see you soon.